海外日本語教師の養成・研修

平成21年度海外日本語教師短期研修(夏期)

研修旅行の写真
研修旅行にて(宮島)

カサディエゴ・アルバレス・アンドレス・アレクシスさん: ベネズエラ/カラボボ大学

カサディエゴ・アルバレス・アンドレス・アレクシス氏の写真 私達にとって、夏短期海外日本語教師の研修プログラムは発見の旅のようなもので、知識を捜し求めて、2カ月の旅が終わりました。私達はそれらの経験から色々なこと学びました。日本語の勉強だけでなく、大切な人生の教訓を学びました。最も重要なことは私達が友情や人生について、だんだん深く分かってきたことです。友達に心を開いて、友情を深めて、他の人の宗教、考え方や思想をはじめ、他の人の話し方、衣服や食事の習慣等を受け入れることを学びました。私達皆それぞれ長所も短所もありますが、お互いに至らないところは許しあって、長所や才能は認め合ってきました。そして、友達のおかげで友情の大切さが分かりました。それは日本語国際センターで学ぶことのできた最も重要な教訓だと思います。

このように私達の努力は実を結びました。しかし、これは私達の努力だけでなく、先生方のおかげでした。また研修プログラムで色々な計画を立ててくださって、どうもありがとうございました。先生方のことは永遠に私達の心の中にあります。

最後に私は、研修参加者の皆さんに頑張ってくださいという言葉を贈りたいです。私達のように日本語国際センターにいる期間を楽しく有意義に過ごして、素晴らしい経験が得られるように願っています。この経験の本当の価値は今分からないかもしれません。その価値が決まるのは私達が実際に日本へ行ってからです。日本語国際センターで学ぶことは、様々な問題を乗り越えるために必要な要素の一つです。研修参加者の皆さん、日本語の勉強で、私達より素晴らしい結果が出せるようにチャレンジしてください。しかし、日本語国際センターの言葉は友情であるということをいつも心に留めてください。日本語国際センターで結ばれた友情は私達の国々の間をつなぐでしょう。日本語国際センターを通して、世界に友情の橋をかけましょう。それは日本語国際センターの究極の目標です。最後まで頑張っていきましょう。


ハウエル・ビートリスさん: カナダ / トーファン小学校

ハウエル・ビートリス氏の写真 7月15日から8週間の研修で大変お世話になりました。
その間、日本語の授業では健康や仕事と労働や異文化を習いました。教授法の授業では会話や文字や読解の教え方を習いました。日本事情の授業では近所のことと東京の情報を習いました。また、東京見学、折り紙デモ、生け花デモ、歌舞伎、さいたま見学、書道デモ、茶道デモなどを経験することができて、とても勉強になりました。これから、それぞれ自分の国に帰ったあとこれまでの経験を思い出して学生や同僚や友人や家族に紹介したいと思います。


レスチャン・アニタさん: ハンガリー / エォトヴェシ・ロラーンド大学

レスチャン・アニタ氏の写真 来たばかりでプレースメントテストを受けた時、全く知らない49人の人々の顔を見て、いい友達ができるかなと心配したことを皆さんはまだ覚えていると思います。また、来たばかりだったのに、国に残した自分の子供と会いたくてたまらない気持ちをした人も少なくなかったと思います。寂しくて、泣いた人もいたかもしれません。しかし、今は、皆さんが思うのは「大変楽しく、あっという間に2ヶ月が終わった」ということでしょう。

夜、コンピュータ室で福谷先生の作文を書くことで3クラスの皆さんの困っている顔や、宿題の提出期限の夜に「お休みなさい」の代わりに「もう、出した?」と挨拶になった雰囲気などのことを言葉で表現しにくいですが、3クラスの皆さんの忘れられない思い出になったと思います。


シリカンデ・アナガさん: インド / ティルクマハラシャタラウィデァピタ

シリカンデ・アナガ氏の写真 ここに来る前インドではセンターでは9時から4時まで授業をやったあとは散歩や買い物ができると思ってましたが、日本では教室の中だけでなく、どこでも、いつでも勉強になることが分かりました。センターでの色々な設備も役に立ったと思います。センターの図書館では、ほしい本はもちろん、それに関する色々な本がすぐ手に入った経験がある研修生が多いと思います。センターの食堂では種類もいっぱいあって「今日コーヒーわすれました?」ときいてくれる人もいました。

センターの先生たちをはじめ、皆様にお礼を表すために「ありがとうございます」という言葉は足りないと思いますが、私は日本語がそんなに上手ではないのでそれしか言えません。どうもありがとうございました。

お問い合わせ

国際交流基金日本語国際センター
教師研修チーム
電話:048-834-1181 ファックス:048-834-1170
Eメール:urawakenshu@jpf.go.jp
(メールを送る際は、全角@マークを半角@マークに変更してください。)