本文へ 日米センター(CGP)は日本とアメリカにて、助成、フェローシップ、ボランティア、人物交流、情報発信を行なっています。
国際交流基金 日米センター
CGP NY | 国際交流基金 | English | サイトマップ
トップページ
日米センターとは
公開イベント
団体で助成金をお探しの方へ
個人向け支援・ボランティアの機会をお探しの方へ
CGPの人物交流事業
米国ジャーナリズム専攻大学院生招へいプログラム
日米青年政治指導者交流
日系アメリカ人リーダー交流
日米次世代パブリック・インテレクチュアル・ネットワークプログラム
米国若手指導者ネットワークプログラム
米国有力シンクタンク支援
米国国際関係論専攻大学院生招へいプログラム 
米国アジア専門家招へい
その他の人物交流事業
日米知識人交流事業
情報室(刊行物、寄稿など)
アクセス
お問合せ
FAQ
更新履歴
日米センター公募助成プログラム
CULCON(カルコン) 日米文化教育交流会
日米草の根交流コーディネーター派遣プログラム
メール配信サービス
コラムス
CGPの主要事業

CGPロゴの画像 USJCロゴの画像

English

開催案内
日系アメリカ人リーダーシップシンポジウム
文化で読み解くコミュニティ~日系アメリカ人の視点から
Culture and Community Engagement: A Japanese American Perspective

主催:
国際交流基金日米センター(CGP
共催:
米日カウンシル(US-Japan Council別サイトに移動します
後援:
外務省別サイトに移動します、石川県

国際交流基金日米センター(CGP)は、このたび、外務省主催「日系アメリカ人リーダー招聘事業(Japanese American Leadership Delegation Program、略称JALD)」と連携し、米日カウンシルの共催のもと、以下の通りシンポジウム「文化で読み解くコミュニティ~日系アメリカ人の視点から」を開催することとなりました。

JALDプログラムは、2000年から開始された招聘事業で、毎年全米各地から多様な分野の第一線で活躍する日系人リーダー(日系3世、4世)がグループで来日し、日本の関係者と交流を行うもので、今年度は東京に加え金沢を視察訪問します。

今日、多様な社会的文脈で文化は重要な役割を果たしていますが、コミュニティにおける文化の役割とはどのようなものでしょうか?人口減少や少子化等に起因する陰りの中、文化はどのようにコミュニティの活性化に寄与しうるのでしょうか?

金沢市はユネスコの創造都市に登録されるなど、地域の文化資源を活用したコミュニティの振興にいち早く注目し取り組んできました。本シンポジウムでは、金沢の取り組みと米国でコミュニティ振興において活躍するパネリストの経験を比較しながら、コミュニティ振興において文化が果たす役割について、日系アメリカ人の視点を踏まえ読み解きます。

日系アメリカ人は今では多くの分野で活躍するに至っていますが、その道のりは決して平坦ではありませんでした。文化、移民、共生をめぐる議論が複雑化しつつある現在、自治体が今後直面しうる社会の多様性・包摂にかかる課題とあわせ、日系アメリカ人の経験に学びながら、考えていきたいと思います。

モデレーターには文化芸術による都市・地域の再生や都市の国際比較に関する研究の第一人者である佐々木雅幸先生(同志社大学特別客員教授)と日系アメリカ人リーダー一行を率いるアイリーン・ヒラノ・イノウエ米日カウンシル会長を、ディスカッサントには名酒福正宗で世界を魅了する伝統酒造、株式会社福光屋において、伝統の中に現代性を採り入れるなど革新的な経営手法で文化から経済まで幅広く活躍する代表取締役社長福光松太郎様をお迎えします。

ぜひ皆様のご参加をお待ちしております。(参加無料)

開催概要

開催概要
日時 2017年3月6日(月曜日)18時~20時(17時開場)
会場 ホテル日航金沢 アクセス別サイトに移動します
〒920-0853 石川県金沢市本町2-15-1(JR金沢駅兼六園口前)
電話:076-234-1111
使用言語 日本語・英語(同時通訳)
概要 創造都市金沢の取り組みと米国でコミュニティ振興において活躍するパネリストの経験を比較しながら、コミュニティ振興において文化が果たす役割について日系アメリカ人の視点を交えて模索します。
参加者
(敬称略)
【登壇者】
【パネリスト】
レスリー・イトー (日米文化会館館長)
ケン・ラッセル(マイアミ市議会議員)
ウェンディ・タカヒサ(モルガン・スタンレー社コミュニティ関係執行ディレクター)
【ディスカッサント】
福光松太郎(株式会社福光屋代表取締役社長)
【モデレーター】
佐々木 雅幸(同志社大学特別客員教授)
アイリーン・ヒラノ・イノウエ(米日カウンシル会長)
お申込み・お問合せ 参加をご希望の方は、Eメールもしくはファックスにて以下の必要事項をご記入の上、2017年3月2日(木曜日)までに、下記の宛先までお申込みください。
  1. お名前(ふりがな)
  2. 所属団体(勤務先・学校名等)
  3. 役職
  4. 住所
  5. 電話番号
  6. Eメールアドレス
  7. その他(質問・お申込み動機などご自由にお書きください。)

国際交流基金日米センター 日系アメリカ人リーダー・セミナー係
Eメールの場合(件名:「JALD2017(3/6)参加申し込み」):cgpc@jpf.go.jp
(メールを送る際は、全角@マークを半角@マークに変更してください)
ファックス: 03-5369-6042
電話: 03-5369-6072

※ ご記入いただく個人情報は、本シンポジウムの実施目的のためのみに使用させていただきます。

登壇者略歴:

レスリーイトー:パネリスト

レスリーイトー氏の写真

日米文化会館(JACCC)館長。フォード財団等において約20年間にわたり芸術振興に尽力。ジャパン・ハウスの諮問委員会にも参加。

ケン・ラッセル:パネリスト

ケン・ラッセル氏の写真

マイアミ市議会(日系人初の市議会議員)。日系人団体である北西フロリダ日米協会のメンバー。マイアミ市議会議員としてマイアミ市の管轄する日本庭園であるIchimura Gardenの修復にも関与。

ウェンディ・タカヒサ:パネリスト

ウェンディ・タカヒサ氏の写真

モルガン・スタンレー社コミュニティ関係執行ディレクターかつAsian American for Equality会長(コミュニティ向けの住宅・社会福祉支援などを行う非営利団体)。東海岸の日系人和太鼓グループである「僧太鼓(Soh Daiko)」にて約12年間活動を行い、日本やその他世界各地で公演を行った。

福光 松太郎:ディスカッサント

福光 松太郎氏の写真

株式会社福光屋代表取締役社長。石川県酒造組合連合会理事、金沢酒造組合理事長、石川県日伊協会会長、金沢クラフトビジネス創造機構理事長、(公財)日本デザイン振興会理事、金沢市創造都市推進委員会実行委員長などを兼任。2001年石川デザイン賞、'05年デザイン・エクセレント・カンパニー賞などを受賞。'10年藍綬褒章受章。

佐々木 雅幸: モデレーター

佐々木 雅幸氏の写真

同志社大学特別客員教授および大阪市立大学名誉教授。京都大学大学院経済学研究科博士課程終了。京都大学博士(経済学)、金沢大学教授、立命館大学教授、大阪市立大学大学院教授などを経て、2014年現職。文化庁文化芸術創造都市振興室長、創造都市ネットワーク日本の顧問も兼任。

アイリーン・ヒラノ・イノウエ :モデレーター

アイリーン・ヒラノ・イノウエ氏の写真

ワシントンDCに拠点を置く日米両国間の人的交流促進を目的とした非営利団体、米日カウンシルの会長。日系アメリカ人リーダー招聘プログラム(JALD)では、米側コーディネーターとして、毎回一行を引率して訪日。2008年に退任するまで、全米日系人博物館前館長、創設CEOを20年にわたり務めた。現在はフォード財団理事、クレスゲ財団理事(前理事会議長)など多数の要職を務めている。夫はハワイ州選出の故ダニエル・K・イノウエ米国連邦上院議員。

平成27年度の事業報告書はこちらをご覧ください。

「をちこちMagazine」に、日系アメリカ人リーダーの金沢視察とシンポジウムの記事を掲載しました。

文化・芸術は地域とコミュニティを活性化させる原動力 -日系アメリカ人の活動と創造都市・金沢の取り組みから-【前半】をちこち別サイトに移動します

文化・芸術は地域とコミュニティを活性化させる原動力 -日系アメリカ人の活動と創造都市・金沢の取り組みから-【後半】をちこち別サイトに移動します



Top
TOKYO OFFICE
国際交流基金(ジャパンファウンデーション) 日米センター
160-0004 東京都新宿区四谷4-16-3
Tel (03)5369-6072 Fax (03)5369-6042
NEWYORK OFFICE
The Japan Foundation Center for Global Partnership, N.Y.
1700 Broadway, 15F, New York, NY 10019, U.S.A
tel (212)489-1255 Fax (212)489-1344