本文へ
Home サイトマップ リンク集 US CULCON
日米文化教育交流会議 美術対話委員会
カルコンとは
合同会議
委員会
教育交流レビュー委員会
日本語教育委員会
美術対話委員会
次世代タスクフォース
これまでの活動
関係資料
日米文化教育交流会議(カルコン)
Japan Foundation: 国際交流基金
国際交流基金日米センター(CGP)
Home美術対話委員会 Arts Dialogue Committee(ADC)

美術対話委員会 Arts Dialogue Committe(ADC)

1.美術対話委員会 Arts Dialogue Committee(ADC)

2009年3月NYで開催された国際交流基金とJapan Societyの共催シンポジウム「Japanese Art in America:Building the Next Generation」において、日米間の美術交流(特に古美術の交流)の促進を図ることの重要性が提起されました。このフォローアップとして2010年3月には、国際交流基金の主催、文化庁の協力により、フォーラム『舞台芸術と美術:日米ネットワーク発展に向けて』が東京で開催され、両国の専門家による意見交換を通して、対話を継続していくためのプラットフォームの必要性が再確認されました。
これを受けて、2010年6月に開催された第24回カルコン合同会議の共同声明において、「伝統的または近現代美術における交流を深めるための今後の方策を検討し、双方に有益な学芸員の協力と交流の枠組みを築くために専門家のワーキンググループを設立する」(第24回カルコン合同会議共同声明【PDF:121KB】より)との提言がなされ、カルコンの芸術・文化交流委員会において、美術対話委員会が創設されました。

2.美術対話委員会中核メンバー

<日本側委員(50音順・敬称略)>

座長 島谷 弘幸 九州国立博物館 館長 カルコン委員
委員 伊東正伸 国際交流基金・ジャポニスム事務局部長、審議役
栗原祐司 国立文化財機構副理事、京都国立博物館副館長
  白原由起子 根津美術館学芸部特別学芸員
  林 道郎 上智大学国際教養学部教授、美術批評家

<米側委員(ABC順・敬称略)>

座長 アン・ニシムラ・モース ボストン美術館ウィリアム/ヘレン/パウンズ日本美術上級学芸員
カルコン委員
委員 マルコ レオナ メトロポリタン美術館学術研究部デビット・H・コッチ保存科学部長
  ロバート・ミンツ サンフランシスコ・アジア美術館
アート・プログラムス副課長
  マリサ・リンネ 京都国立博物館国際交流担当主任研究員
  ジェニファー・ワイゼンフェルド デューク大学美術・美術史・ヴィジュアルスタディーズ学部教授
  マシュー・ウエルチ ミネアポリス美術館学芸部副部長兼日本・韓国美術担当学芸員
  ウー・シャオジン シアトル美術館日本・韓国美術担当学芸員
ページの先頭へ戻る

3.これまでの活動

2011年5月 カルコン50周年記念シンポジウム 【PDF:2.5MB】にあわせて、第1回美術対話委員会 【PDF:96KB】を開催(於:ワシントンD.C.)
2012年3月 第2回美術対話委員会 【PDF:412KB】を開催(於:東京)
2012年4月 第25回カルコン合同会議(於:東京)へADC報告書(英文) 【PDF:114KB】を提出
2013年1月 第3回美術対話委員会 【PDF:169KB】を開催(於:ホノルル)
2013年10月 第4回美術対話委員会(英文【PDF:455KB】  和文 【PDF:454KB】)を開催 (於 徳島県鳴門市大塚国際美術館)
文化庁および美術対話委員会主催で「日米美術フォーラム~ミュージアムの未来~」シンポジウムを開催
2014年11月 第26回カルコン合同会議(於:ワシントンD.C.)へ報告書(英文)(和文仮訳)【PDF:2.6MB】を提出
2015年11月 第5回美術対話委員会【PDF:422KB】を開催。(於:ワシントンD.C.)
カルコン美術対話委員会及びフリーア・サッカレーギャラリーと共催にて「オリンピック時代の日本の展覧会 1964/2020」パブリックフォーラム【PDF:575KB】を開催
2016年6月 第27回カルコン日米合同会議(於:東京)にADC報告書(英文)(和文仮訳)【PDF:3,979KB】を提出
2016年12月 第6回美術対話委員会を開催(於:福岡)
文化庁及びカルコン美術対話委員会の主催で「世界と日本美術(アート)~2000年以降の動向を中心に~【PDF:1,546KB】」シンポジウムを開催
2018年3月 第7回美術対話委員会を開催(於:ミネアポリス)
2018年6月 カルコン第28合同会議(於:ワシントンD.C.)にて報告書(和文)【PDF:2.37MB】 (英文)【PDF:1.92MB】を提出
ページの先頭へ戻る