日本東ティモール外交関係樹立10周年記念平和年

日独交流150周年ロゴマーク

日本は東ティモールに対し、1999年の第1回東ティモール支援国会合(東京で開催)以来、無償資金協力・技術協力や自衛隊・文民警察の派遣、選挙監視団の派遣などを通じ、自立に向けた国づくりの努力に対して積極的に支援を行ってきました。2012年は、東ティモールの独立日である2002年5月20日に外交関係を樹立してから、ちょうど10年目にあたります。そこで、両国は2012年を「日本・東ティモール友情と平和の年」(日本・東ティモール外交関係樹立10周年記念平和年)とし、周年事業を実施することになりました。


「2012年 「日本・東ティモール友情と平和の年」(日本・東ティモール外交関係樹立10周年記念平和年)について」
公式Webサイト
(外務省サイト内ページ)

国際交流基金(ジャパンファウンデーション)も本周年の趣旨に賛同し、様々な文化交流事業を実施して積極的に参加することにしております。

 

周年へのご参加については、以下のサイトをご参照ください。

「2012年 「日本・東ティモール友情と平和の年」
(日本・東ティモール外交関係樹立10周年記念平和年)について」
公式Webサイト
(外務省サイト内ページ)

また、交流事業への助成金制度については以下のサイトをご参照ください。
・国際交流基金(ジャパンファウンデーション)公募プログラムガイドライン

ページトップへ戻る