バックナンバー18号

┏━┓
┃☆┃ 今月の基金 What's New? Vol.18 2019年9月3日
┗━╋...──────────────────────────────

Contents
1.    2019年度国際交流基金賞 受賞者決定
2.    国内のイベント・お知らせ
3.    海外のイベント・お知らせ
4.    さらに!

■■ 1. 2019年度国際交流基金賞 受賞者決定 ■■
────────────────────────────── 
●2019年度国際交流基金賞の受賞者が決定しました。
◇谷川 俊太郎(詩人)[日本]
http://www.jpf.go.jp/j/about/award/archive/2019/index.html#Recipient01
◇インドネシア元日本留学生協会(プルサダ) [インドネシア]
http://www.jpf.go.jp/j/about/award/archive/2019/index.html#Recipient02
◇エヴァ・パワシュ=ルトコフスカ(ワルシャワ大学教授 日本研究)[ポーランド]
http://www.jpf.go.jp/j/about/award/archive/2019/index.html#Recipient03

▼△▼ 2. 国内のイベント・お知らせ ▼△▼
──────────────────────────────
●国際交流基金日本語国際センターは、第22回海外日本語教育研究会「日本語国際センターのこれまで・今・これから ―日本語教育で人と社会をつなぐ―」を実施します。1989年の設立時から30年にわたるこれまでの取り組みと、国内外の人と社会をつなぐことを目指した新たな取り組みについてご報告するとともに、世界70か国から収集した教科書・教材を所蔵する図書館も開館します。[参加費無料、要事前申込、申込締切:10月2日(水曜日)17時、先着順、定員:100名]
10月5日(土曜日)13時~16時(※ 図書館開館時間:12時30分~16時) 国際交流基金日本語国際センター
https://www.jpf.go.jp/j/urawa/about/event/wld_event_22.html

●国際交流基金アジアセンターは、「アジア・リーダーシップ・フェロー・プログラム(ALFP)」のフェローとして来日したアジアの知識人に特定のテーマについてお話しいただく講演会シリーズ3「アジアの宗教-平和構築に宗教が果たす役割」を開催します。アジアの宗教をテーマに、仏教・異教徒の社会運動団体間の相互理解、協力、ネットワーキング構築に携わるソムブーン・ジュンプレームプリート氏(タイ)、ナショナル・ピース・カウンシル常務理事を務め、平和構築に向けて活動するジハーン・ペレーラ氏(スリランカ)、女性や民俗文化を重点に人権、民主主義、多様性の擁護と推進のために尽力している社会活動家フォージア・サイード氏(パキスタン)が登壇します。[参加費無料、実施言語:英語・日本語(同時通訳あり)、要事前申込]
9月4日(水曜日)18時30分 国際文化会館 岩崎小彌太記念ホール
https://jfac.jp/culture/events/https-jfac-jp-culture-events-e-alfp-lecture-3/?ref=acml_1908

●国際交流基金アジアセンターは、日本とロシアの2か国で開催される国際的な舞台芸術の祭典である「第9回シアター・オリンピックス」において、鈴木忠志氏主宰の現代劇団・劇団SCOTSuzuki Company of Toga)と共催で、インドネシア関連公演プロジェクト『ディオニュソス』、『いのちの旅』を上演します。
◇『ディオニュソス』
9月12日(木曜日)19時30分 黒部会場(前沢ガーデン)
9月21日(土曜日)19時30分 富山県利賀芸術公園 野外劇場
◇『いのちの旅』
9月16日(月曜日)~18日(水曜日)19時30分 黒部会場(前沢ガーデン)
https://jfac.jp/culture/events/e-scot-2019/?ref=acml_1908

●国際交流基金アジアセンターは、アジアフォーカス・福岡国際映画祭との共催で、アジアフォーカス・福岡国際映画祭2019において、東南アジアの新作・話題作の紹介や、東南アジアの独自の文化圏に目を向けたリージョナル映画特集「リージョナルであること」を実施します。巨匠監督が紡ぎ出すオムニバス映画から新進気鋭の監督達が放つ最新作まで、見逃せない東南アジア3作品が並びます。ぜひご来場ください![チケット:前売り1,100円/当日1,300円]
9月13日(金曜日)~19日(木曜日) ユナイテッド・シネマ キャナルシティ13(キャナルシティ博多)
https://jfac.jp/culture/events/e-focus-on-asia-fiff-2019/?ref=acml_1908

また、今年のアジアフォーカス・福岡国際映画祭との新たな取り組みとして、世界の名だたる映画祭で受賞歴のあるフィリピン映画界の巨匠ブリランテ・メンドーサ監督をお招きしてマスタークラスを開催します。独自の映画制作の技法や映画に対する監督の想いをじっくりとお伺いします。[参加費無料、実施言語:英語・日本語(逐次通訳あり)、要事前申込、申込締切:9月12日(木曜日)、先着順、定員:100名]
9月17日(火曜日)14時30分 西鉄イン福岡2階Aホール
https://jfac.jp/culture/events/e-focus-on-asia-fiff-2019-master-class/?ref=acml_1908

▼△▼ 3. 海外のイベント・お知らせ ▼△▼
──────────────────────────────
●実験的ライブパフォーマンスを展開する前衛ロックバンド「空間現代」による豪州ツアーを開催します。ツアーでは、メルボルンとアデレードの2都市を巡り、各都市で開催されるメルボルン国際芸術祭及びオズアジア・フェスティバルとの共催により、全5回の公演を実施します。
◇メルボルン:Melbourne International Arts Festival(メルボルン国際芸術祭)
10月16日(水曜日)~18日(金曜日)20時 The Substation
◇アデレード:OzAsia Festival(オズアジア・フェスティバル)
10月24日(木曜日)、25日(金曜日)19時 野外ステージ
https://www.jpf.go.jp/j/project/culture/perform/oversea/2019/08-05.html

▼△▼ 4. さらに! ▼△▼
──────────────────────────────
●国際交流基金日本語国際センターでは、「海外日本語教師基礎研修」で行われる授業で、外国人日本語教師と一緒に活動してくださる「学生ボランティア」を募集します。
https://www.jpf.go.jp/j/urawa/news/news_volunteer190930.html

●令和元(2019)年度“日本語パートナーズ”カウンターパート日本語教師研修(インドネシア)に協力してくださる「大学生ボランティア」を募集します。
https://www.jpf.go.jp/j/urawa/news/news_volunteer191004.html

●日本語教育通信を更新しました。
https://www.jpf.go.jp/j/project/japanese/teach/tsushin/index.html

●採用情報
https://www.jpf.go.jp/j/about/recruit/index.html

●国際交流基金 国内図書館の新着図書リスト
◇ライブラリー(東京本部)2019年8月受入の新着資料一覧
https://www.jpf.go.jp/j/about/jfic/lib/newly/index.html
◇日本語国際センター図書館(さいたま市)
https://www.jpf.go.jp/j/urawa/j_library/j_lbrary.html
◇関西国際センター図書館(大阪府)
新着資料リスト
http://jlik-opac.jpf.go.jp/drupal/

Vol.18 2019年9月3日
=================

公式HP https://www.jpf.go.jp/j
Facebook https://www.facebook.com/TheJapanfoundation
Twitter https://twitter.com/japanfoundation
発信:国際交流基金(ジャパンファウンデーション)

お問い合わせ・ご感想:https://www.jpf.go.jp/j/contact/index.html
バックナンバー:https://www.jpf.go.jp/j/about/jfic/mail/back/backml_list.html

=================(C) The Japan Foundation. All Rights Reserved.

ページトップへ戻る