新型コロナウイルス感染症拡大防止のための業務体制について

令和2年5月26日
国際交流基金

新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、国際交流基金では、政府による緊急事態宣言解除後も、当面の間、本部(東京都新宿区)、日本語国際センター(埼玉県さいたま市)、関西国際センター(大阪府泉南郡田尻町)、京都支部(京都府京都市)の各事業所において通常とは異なる勤務体制を取ることとしております。

これに伴い、郵便、電話等の対応に遅れが生じる、または、対応が困難となる場合がございます。ご不便をおかけすることがあるかと存じますが、なにとぞご理解賜りますようお願い申し上げます。

なお、今回の事態を踏まえ、以下のプログラムについては申請受付を停止しておりますので、併せてお知らせいたします。(緊急事態宣言の解除に伴い、後援名義の新規受付を再開します。(2020年5月26日))

ページトップへ戻る