プレスリリース:平成17(2005)年度

プレスリリースは、全てPDFファイルにてご覧いただけます。

日付 タイトル
No.149 3月23日 中東女性・市民団体パネルトークのご案内【PDF:97KB】
No.148 3月15日 地中海・アラブ音楽シリーズ第2回公演
ロトフィ・ブシュナーク日本公演~現代アラブ音楽界の至宝~【PDF:101KB】
No.147 3月15日 「日本語教育スタンダードの構築をめざす国際ラウンドテーブル(第3回)」開催【PDF:97KB】
No.146 3月2日 イラクの子どもたちにサッカー・アニメ『キャプテン翼』を届けます【PDF:92KB】
No.145 3月2日 「2005年度日本語能力試験」の結果概要【PDF:107KB】
No.144 3月1日 ジャパンファウンデーションのWEBサイトに中国語のページが新たに加わりました【PDF:93KB】
No.143 2月17日

公開シンポジウム
市民は目覚め、まちはまるごと文化となる インド・ブータン-素顔のまちづくり【PDF:100KB】

No.142 2月15日

日系アメリカ人リーダーシップ・シンポジウム
「芸術からビジネスまで:多様な職業を通じた日系アメリカ人の貢献」 【PDF:94KB】

No.141 2月14日 「アラブ映画祭2006」が開催されます【PDF:93KB】
No.140 2月14日 「春樹をめぐる冒険―世界は村上文学をどう読むか」【PDF:249KB】
No.139 2月10日 2006日豪交流年が始まりました
Rapt!- contemporary art from Japan」公開セミナー開催 【PDF:99KB】
No.138 2月10日 開高健記念アジア作家講演会シリーズ
バングラデシュの国民的作家 イムダドゥル・ホク・ミロンさんをお招きします【PDF:94KB】
No.137 2月2日 第10回ヴェネチア・ビエンナーレ建築展 日本館展示について【PDF:213KB】
No.136 1月30日 アジアの現在(いま)を旅するトーク・セッション「大阪発⇒アジア行き」を開催します
~人と人をつなぐ、海外で見えてくる日本の姿~【PDF:97KB】
No.135 1月13日 『クロスボーダー宣言~国際交流を担う地球市民たち~』」を発行しました【PDF:99KB】
No.134 1月10日 「邦楽:ニューサウンズ・オヴ・ジャパン」ニューヨークで開催します【PDF:97KB】
No.133 1月10日 カラオケ日本語学習キャラバンinブラジル【PDF:94KB】
No.132 12月9日 「アラビアンナイト大博覧会」を開催します【PDF:96KB】
No.131 12月8日 セネガルのNGOプログラムコーディネーター ママドゥ氏を招へいします【PDF:100KB】
No.130 12月1日 米国南部に草の根交流コーディネーターを派遣します【PDF:100KB】
No.129 11月15日 中東理解セミナー in さいたま【PDF:108KB】
No.128 11月11日 2005年度国際交流基金地球市民賞受賞者が決定しました【PDF:97KB】
No.127 11月9日 歴史研究者クリスチーナ・クルリ教授(ギリシア)来日【PDF:95KB】
No.126 11月7日 ファウム・チェンバー・オーケストラ来日公演【PDF:98KB】
No.125 10月25日 講演・討論会 「大学に求められる国際性:その意義と実践」【PDF:101KB】
No.124 10月21日 日韓セミナー 韓流と日本ブーム ~交流時代の課題と可能性~【PDF:99KB】
No.123 10月20日 EU・日本創造都市交流2005シンポジウム【PDF:100KB】 「アートが都市社会の新しい地平を切り拓く」
No.122 10月18日 「第10回アジア漫画展―アジアの環境問題」開催について【PDF:100KB】
No.121 10月13日 アジアの現在(いま)を旅する映画+シンポジウム「横浜発⇒アジア行き」を開催します【PDF:98KB】
~ジャパンファウンデーション若手職員と語るアジアポップカルチャーの魅力~
No.120 10月13日 パキスタンのジャーナリスト アガ・マスード・フセイン氏来日【PDF:95KB】
No.119 10月7日 第33回セルバンティーノ国際芸術祭2005が開幕【PDF:98KB】
No.118 9月29日 カザフスタン国立図書館館長ムラト・アウエゾフ氏来日【PDF:94KB】
No.117 9月16日 「横浜トリエンナーレ2005」まもなくオープン!【PDF:98KB】
No.116 9月15日 アジア中東映画ライブラリー10本立て!【PDF:100KB】
No.115 9月14日 点字で日本語を学ぶ中国人学習者が来日します【PDF:97KB】
-天津市視覚障害者日本語訓練学校訪日研修-
No.114 9月13日 日本と香港の合作映画が特集上映され、俳優・宝田明氏が記念セミナーに出席します【PDF:98KB】
No.113 9月12日 JFサポーターズクラブ設立1周年記念「オフ会」開催【PDF:230KB】
No.112 9月9日 2005年度国際交流基金賞受賞者が決定しました【PDF:194KB】
No.111 9月8日 歴代中国指導者の通訳者・王效賢女史を招へいします【PDF:97KB】
No.110 9月7日 第3回中東文化交流・対話ミッション派遣【PDF:97KB】
No.109 9月7日 国際シンポジウム2005 「アジアのキュビスム」【PDF:94KB】
No.108 9月5日

日本-メキシコ間で初めての文化サミット 第1回日墨文化サミットが開催されます【PDF:198KB】

No.107 9月2日 東京芸術見本市2005が開催されます。【PDF:225KB】
No.106 9月1日 ジャパンファウンデーションのスローガンをつくりました。「地球を、開けよう。」 同名タイトルのブログを本日から始めます。【PDF:94KB】
No.105 8月22日 The Best of Japanese Horror【PDF:93KB】
No.104 8月17日 「アフガン零年」のシディク・バルマク監督来日【PDF:95KB】
No.103 8月12日 『第57回日米学生会議 報告会・交流会』開催のお知らせ【PDF:93KB】
No.102 8月10日 ヴェネチア国際映画祭 日本映画が特集上映されます【PDF:112KB】
No.101 8月3日 第2期「異文化理解講座(アジア・中南米)」 受講申し込み受付が始まりました【PDF:157KB】
No.100 7月28日 横浜トリエンナーレ2005
全71プロジェクト・86作家 決定! 前売入場券 発売開始! 現地見学会 開催!【PDF:93KB】
No.99 7月26日 ポーランド、チェコ、スロヴァキア、ハンガリーの現代美術展を開催します【PDF:93KB】
No.98 7月26日 「おたく」展が第44回日本SF大会にて星雲賞を受賞しました【PDF:84KB】
No.97 7月21日 ゲーテ・インスティトゥート総裁ユタ・リンバッハ氏が小倉理事長を訪問しました【PDF:99KB】
No.96 7月13日 小倉理事長がベトナム文化交流ミッション報告を町村外務大臣へ提出しました【PDF:88KB】
No.95 7月4日 「日米防衛協力の変容と非伝統的安全保障」公開シンポジウム開催のお知らせ【PDF:111KB】
No.94 6月28日 カリブ・中米公演を終えた邦楽ユニットの凱旋ライブを開催します【PDF:14KB】
No.93 6月23日 戦後復興に取り組むアフガニスタンの陶工13名が日本各地の陶芸の里を訪問します【PDF:17KB】
No.92 6月21日 「日韓ダンス交流フェスティバル」がソウルで開催されます【PDF:29KB】
No.91 6月17日 フラッシュバック/フラッシュフォワード:過去への視線【PDF:16KB】
No.90 6月15日 日露修好150周年記念事業「ウラジオストク武道演武会」開催【PDF:16KB】
No.89 6月7日 インターネットで国内の4図書館蔵書の横断検索ができるようになりました【PDF:16KB】
No.88 5月27日 ジャパンファウンデーション職員が仏・芸術文化勲章シュヴァリエを叙勲しました【PDF:15KB】
No.87 5月26日 ジャパンファウンデーションは福岡との事業連携に取り組みます【PDF:13KB】
No.86 5月17日 横浜トリエンナーレ2005 トリエンナーレ・サポーターを500名募集します【PDF:204KB】
No.85 5月10日 日系アメリカ人と日米関係の将来 公開シンポジウム開催のお知らせ【PDF:17KB】
No.84 4月26日 日本語教育スタンダードの構築をめざす「国際ラウンドテーブル」を開催します【PDF:26KB】
No.83 4月22日 横浜トリエンナーレ2005 キック・オフ・イベントを開催します【PDF:83KB】
No.82 4月11日 「アラブ映画祭2005」いよいよ開幕です【PDF:87KB】
No.81 4月8日 「地方分権改革を展望する」日仏ジャーナリスト公開報告会をひらきます【PDF:85KB】
No.80 4月8日 宮沢和史 ヨーロッパ・ツアー報告記者会見 ~世界に広がり続ける「島唄」~ 【PDF:85KB】
PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Reader(無償)が必要です。
Adobe ReaderダウンロードページGet ADOBE READERよりダウンロードできます。

ページトップへ戻る