国際交流基金海外運営専門員(カイロ)の募集について

1.募集の目的

国際交流基金(ジャパンファウンデーション)は、日本の国際文化交流事業を推進するための専門機関として、(1)文化芸術交流、(2)海外における日本語普及、(3)日本研究・知的交流の3分野を中心とした国際文化交流事業を総合的に実施しています。現在、海外24か国25都市に25か所の拠点を有しています。
今回は、カイロ日本文化センターにおいて同文化センターの業務を補助する「海外運営専門員」を派遣するため、以下のとおり募集を行います。

2.派遣先

カイロ日本文化センター

3.業務内容

  1. (1)所長をはじめとした管理職の業務補佐
  2. (2)展示会・公演・講演会等の各種イベントの運営・実施
  3. (3)施設の運営・管理
  4. (4)広報業務
  5. (5)総務・経理事務

4.応募資格

以下の各項目(1)~(4)全てを満たす方。

  1. (1)四年制大学卒業以上の資格を有する方。
  2. (2)日本語及びアラビア語による業務の遂行が十分可能である方。但し、アラビア語が困難な場合は英語のコミュニケーションに十分な能力があることを必須とし、英語の資格やスコアの写しを応募書類とあわせて提出してください。
  3. (3)社会人としての職歴を有する方。 ※会計・庶務等の実務経験を有する方を歓迎します。
  4. (4)日本国籍を有する方(査証等の手続きの制約のため)。

5.求める経験・スキル等

  1. (1)海外における国際文化交流事業に関心を有すること。
  2. (2)組織貢献意欲、コミュニケーション能力、柔軟性、適応力、行動力に富むこと。
    主要な業務の一つに、所長等の業務補佐、外部関係者との折衝・交渉等がありますので、高いコミュニケーション能力や調整能力が求められます。また、事務所内では、管理職の下で現地職員等スタッフを統率する立場としてスタッフとの意思疎通を円滑に行うことが求められます。
  3. (3)確実な事務処理能力を有すること。
    確実・丁寧な作業、そして一定のPCスキルが求められます。
  4. (4)業務上必要な知識を自主的に習得する意欲があること。
    業務遂行には、業務運営・施設管理等に関する現地の各種法令・慣行・税制等の知識、契約に関する知識、各種イベントの運営実施に関すること、広報に関すること(特にフェイスブックの活用)、コンピューターやネットワークに関すること等、幅広い知識が必要となりますので、これらに関する知識を有するか、または、自主的に習得する意欲があることが求められます。
  5. (5)イベント開催等による休日出勤、出張、その他庶務雑務の要請にも柔軟に対応できること。

6.募集人数

1名

7.派遣時期

令和元(2019)年12月(予定)

8.契約期間

1年間(延長の可能性がありますが、最長で3年間となります。)

9.派遣期間中の待遇

海外運営専門員の旅費及び給与等については、海外運営専門員の派遣に関する規程及び細則(以下「規程等」という。)に基づいて、次のとおり支給します。

  1. (1)旅費
    規程等により赴任時及び帰国時に旅費を支給します。
  2. (2)給与等
    規程等により本俸・在勤手当(合計月額40万円程度)、住宅手当等の支給及び社会保険への加入。退職金は支給されません。
    ※本俸等の金額は、規程等の改正に伴い、随時見直しが行われることがあります。
  3. (3)独立行政法人国際交流基金在外共済会(以下「共済会」という。)
    海外運営専門員は、共済会に加入していただきます。これは、当基金が海外に派遣する専門家等を対象として、当基金の負担金と加入者の掛金により行う相互共済のための制度で、疾病・傷害療養費補償・給付、死亡時弔慰金補償等を行っています。

10.海外運営専門員の身分

当基金は、海外運営専門員と有期雇用契約を締結し、それに基づき海外運営専門員を任地に派遣します(なお、当基金は運営専門員との契約終了後の就職の斡旋や生活保障の責任は負いません)。

11.応募手続

  1. (1)提出書類
    1. ア.海外運営専門員応募用紙(当基金作成指定用紙)【Excel:57KB】 1通
      指定の応募用紙をダウンロードしてください。
    2. イ.職務経歴書(書式自由、A4用紙1枚以内) ※必ず右上に氏名を記載すること。
    3. ウ.大学卒業証明書(原本) 1通
      大学院修了(見込)者は、大学院修了(見込)証明書の原本1通も併せて提出すること。
  2. (2)宛先
    〒160-0004東京都新宿区四谷4-4-1
    独立行政法人国際交流基金 総務部 拠点管理課 海外運営専門員採用係
    (朱書きにて「海外運営専門員(カイロ)応募書類在中」と記載のこと。)
  3. (3)締切
    令和元(2019)年8月29日 (木曜日)18時(必着。郵送のみ受付。持込不可)

    なお、応募書類は返却いたしません。
    また提出書類は、採否審査のため外部有識者等の評価者に提供することがあります。情報を提供する際は、個人情報の安全確保のための措置を講じます。

12.選考

  1. (1)第一次選考(書類選考)
    提出された書類に基づいて選考を行います。結果は、令和元(2019)年9月3日(火曜日)頃にメール(応募用紙に記載されたもの)で通知いたします。なお、以後の連絡は全て同メールアドレスにお送りいたします。
  2. (2)第二次選考(筆記試験・面接)
    第一次選考合格者に対し、以下のとおり筆記試験と面接を行います。筆記試験は国際交流基金本部(東京)およびカイロ日本文化センターにて同日に実施し、面接は本部(東京)でのみ実施します。受験のための交通費は支給しません。結果は令和元(2019)年9月末までにメールで通知します。

【筆記試験】

  1. ア.日程(予定):令和元(2019)年9月10日(火曜日)
    国際交流基金本部(東京):17時~(予定)
    カイロ日本文化センター:10時~(予定) ※現地時刻
  2. イ.内容:アラビア語和訳および和文アラビア語訳(いずれも記述式)。
  3. ウ.所要時間:約2時間30分程度(予定) ※集合時間は書類選考結果通知時に指定します。

【面接】

  1. ア.日程(予定):令和元(2019)年9月18日(水曜日)
  2. イ.内容:人物評価及びアラビア語口頭試験。
  3. ウ.所要時間:約30分程度(予定) ※集合時間は筆記試験当日に指定します。

13.問い合わせ

〒160-0004 東京都新宿区四谷4-4-1
独立行政法人国際交流基金 総務部 拠点管理課 海外運営専門員採用係
Eメール:unsen@jpf.go.jp
(メールを送る際は、全角@マークを半角@マークに変更してください。)

※件名に「海外運営専門員(カイロ)の採用について」と記載してください。

ページトップへ戻る