平成30(2018)年度職員採用(定期採用) 募集について

独立行政法人国際交流基金 (ジャパンファウンデーション) は、日本の公的な国際文化交流機関として、「国際文化交流事業を総合的かつ効率的に行うことにより、我が国に対する諸外国の理解を深め、国際相互理解を推進し、及び文化その他の分野において世界に貢献し、もって良好な国際環境の整備並びに我が国の調和ある対外関係の維持及び発展に寄与すること」 (独立行政法人国際交流基金法第3条) を目的とし、文化芸術交流海外における日本語教育日本研究・知的交流等の分野で国際文化交流事業を実施しています。

当基金は、本部 (東京都新宿区) のほか国内に3か所 (京都支部〔京都府〕、日本語国際センター〔埼玉県〕、関西国際センター 〔大阪府〕) の附属機関・支部を持ち、海外23か国に24か所*の海外拠点を有しています。(うち2か所はアジアセンター連絡事務所)

当基金の事業・組織等の詳細については、当基金ウェブサイトでご覧になれます。

当基金では、国内外で当基金業務全般に携わる正職員 (総合職) を次のとおり募集します。

1.募集の概要

(1) 募集職種:
総合職
(2) 採用人数:
若干名
(3) 採用時期:
平成30(2018)年4月1日

(ただし、内定後、早期勤務開始が可能な者は平成29年度中に採用・勤務開始の可能性あり。)

(4) 勤務場所:
本部(東京)、国内の支部・附属機関、海外拠点等
(5) 応募資格:
以下ア~エの各条件を満たす方。
  1. ア.次の(ア)又は(イ)のいずれかに該当すること。
    1. (ア) 平成29(2017)年4月から平成30(2018)年3月までの間に4年制大学、大学院(修士、博士)のいずれかを新たに卒業/修了する見込みの方(注1、注2)。
    2. (イ) 平成29(2017)年3月31日時点で4年制大学卒業(応募時点で同見込みを含む。)以上の資格を持ち、昭和61(1986)年4月2日以降生まれの方(注3)。
  2. イ.海外勤務(開発途上国を含む。)及び日本国内転勤が可能であること。
  3. ウ.日本語で全ての業務を支障なく遂行できること(注4)。
  4. エ.業務で使用できる一定の英語力を有すること(注5、注6)。
  1. 注1:「新たに」とは、学士/修士/博士課程のいずれかの課程を、初めて卒業/修了することを意味します。
  2. 注2:出身学校の日本/海外の別、学部や学科の種類は問いません。
  3. 注3:職務経験は問いません。(年齢制限例外事由:長期勤続によるキャリア形成を図る観点から、若年者等を期間の定めのない労働契約の対象として採用・募集。)
  4. 注4:国籍は問いません。
  5. 注5:スコアや認定証等の写しを提出可能な方は応募書類とあわせてご提出ください。
  6. 注6:英語とともに、英語以外の当基金海外拠点所在国の言語の能力がある方を歓迎します。
    ただし、採用後の担当業務・分野は特定の言語分野に限定されません。
  • 資格外の方の応募は無効となりますので、ご了承ください。

2.応募方法

ウェブ上でエントリーをした上で、応募書類をご提出ください。ウェブエントリーと応募書類提出の両方が完了しないと、正式応募にはなりませんので、ご注意ください。

  1. (1)エントリー

    下記エントリーサイトからエントリーしてください。

    1. ア.エントリーサイト URLhttps://job.axol.jp/hk/s/jpf_18/mypage/
    2. イ.エントリー締切: 平成29年4月16日(日曜日) 正午 12時
  2. (2)応募用紙(当基金指定書式)

    上記エントリーサイトのマイページから、ダウンロードして入手してください。

  3. (3)提出書類
    1. ア.「受験申込書」(当基金指定用紙1/4)
      最近3ヵ月以内に撮影した顔写真(横3cm×縦4cm、カラー・白黒不問、裏面に氏名記入)を貼付し、「提出書類」欄にチェックしてください。筆記試験の希望受験地については、応募書類をダウンロードする際に画面上で尋ねますので、画面上の指示に従って登録してください。一度登録すると変更することができませんので、ご注意ください。
      • 受験地は、東京、大阪のいずれかを選択してください(下記3.(2)イ.参照)。 なお、大阪会場は収容可能人数に限りがあるため、希望者多数の場合には、受験地を東京とする場合がありますので予めご了承ください。
    2. イ.「履歴書」(当基金指定用紙2/4)
      ア.と同じ顔写真を貼付し、各項目について記入してください。
    3. ウ.「身上申告・自己紹介書」(当基金指定用紙3/4)
      各項目について記入してください。
    4. エ.志望理由書(当基金指定用紙4/4)
      国際交流基金を志望する理由を記述してください。(自筆。600~1,000字以内を目安)
    5. オ.外国語能力を証明する認定証の写し
      筆記試験(後述)では英語以外の外国語の試験はありません。
      英語及び他の外国語について、語学力を証明するスコアや認定証等をお持ちであれば、参考に致しますので、可能な限り認定証の写しを提出してください。
    • ア~オはいずれも右上に、エントリー時に発行された個人ID番号を記載すること。
    • 提出書類は理由の如何にかかわらず返却しません。
    • 記入の際はボールペンなど黒インクの筆記具を使用してください。
    • ア~エの各項目は指定欄に納まるように簡潔に記入し、別紙の使用や印刷物等の送付は避けてください。ただし、複数の職歴があり、「履歴書」指定用紙の職歴欄が足りない場合、「職務経歴書」の添付は可。
    • 追加送付の書類は受領できませんので、ご了承ください。
  4. (4)応募書類の提出
    1. ア.応募締切: 平成29年4月17日(月曜日) 必着
      ※ 締め切りを過ぎて届いた書類は受け付けられません。
    2. イ.提出先〒160-0004 東京都新宿区四谷4-4-1
      独立行政法人国際交流基金 総務部人事課 職員採用係

      ※ 宛先には「定期採用応募書類在中」と朱書きで併記して下さい。
    3. ウ.提出方法:
      書類提出は郵便・宅配便等による送付に限ります。インターネット、ファックス、持参による提出は受け付けておりませんので、予めご了承ください。

3.選考

  1. (1)第一次選考(書類選考)
    選考結果は、平成29年5月2日(金曜日)を目処に、上記エントリーサイトのマイページにて応募者全員にお知らせします。
  2. (2)第二次選考〔筆記試験(一般教養、英語及び小論文) 〕
    ※過去の試験問題、試験のレベル等については公表していません。
    1. ア.日時(予定):平成29年5月14日(日曜日)10時~15時
      詳細は、第一次選考合格者にマイページにてお知らせします。
    2. イ.会場(予定):
      第一次選考結果通知時にお知らせする会場で受験してください。
    3. ウ.結果通知:
      選考結果は、平成29年5月23日(火曜日)を目処にマイページにてお知らせします。試験結果について、個別の照会は受け付けておりませんので予めご了承ください。
  3. (3)第三次選考(第一次面接)
    1. ア.日程:平成29年6月5日(月曜日)~6日(火曜日)予定
      詳細は第二次選考合格者にマイページにてご連絡します。
    2. ウ.提出物:
      1. (ア)大学卒業(見込)証明書、大学院修了(見込)証明書(原本)
        応募用紙の「履歴書」に記入した全ての大学・大学院について、卒業/卒業見込/修了/修了見込を問わず全ての証明書を提出してください。
      2. (イ)大学・大学院学業成績証明書(原本)
        応募用紙の「履歴書」に記入した全ての大学・大学院について、最近学期までの全期間の証明書を提出してください。
        • 卒業した大学や大学院が海外等のため大学卒業証明書・大学院修了証明書・成績証明書の入手に時間を要する場合や、特定の時期まで卒業見込・修了見込証明書を大学・大学院が発行しない場合(この場合は在学証明書での代用も可)など、止むを得ないと判断される理由により第三次選考当日までに提出できない場合は、(1)当該証明書を提出できない理由と(2)当該証明書を別送可能な見込時期を記入した用紙(書式自由)を第三次選考当日に提出してください。提出遅延の理由が正当でないと判断した場合は、選考対象外とする場合があります。
  4. (4)第四次選考(第二次面接)
    1. ア.日程:平成29年6月14日(水曜日)~16日(金曜日)
      詳細は第三次選考合格者にマイページにてご連絡します。

4.その他

求める人材像、職員の仕事、キャリアイメージについては、以下のサイトに掲載していますので、応募前にぜひご覧ください。

また、採用に関するQ&Aを以下のサイトに掲載しています。

PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Reader(無償)が必要です。
Adobe ReaderダウンロードページGet ADOBE READERよりダウンロードできます。

[お問い合わせ]

独立行政法人国際交流基金 総務部人事課 職員定期採用係
〒160-0004 東京都新宿区四谷4-4-1
電話:03-5369-6090 Eメール:JF_Saiyo@jpf.go.jp
(メールを送る際は、全角@マークを半角@マークに変更してください。)

ページトップへ戻る