平成30(2018)年度海外派遣 日本語専門家 公募ポスト(予定)

(2017年9月29日現在)

注:派遣予定ポストに関する情報は随時、加除・修正等改定しますのでご注意ください。

機関名の末尾に(JF)と記載してあるものは、国際交流基金(ジャパンファウンデーション)の海外拠点です。

国名(都市名) 派遣先機関名 新規/交替 赴任予定時期 業務の概要
香港 香港日本語教育研究会 交替 平成30年3月 香港、マカオ、及び広州の日本語教育アドバイザー。教師セミナーの実施、日本語教育機関訪問・アドバイス、JLPT実施への協力など。
モンゴル(ウランバートル) モンゴル人材開発センター 交替 平成30年9月 1.日本センターで実施するJF講座の運営、JFスタンダードの普及、現地日本語講師の育成。
2.モンゴルにおける日本語教育の拡充への協力。
インドネシア(ジャカルタ)【現地の査証制度の都合上、赴任時点で57歳未満であることが望ましい。】 ジャカルタ日本文化センター(JF 交替 平成30年7月 ジャカルタ日本文化センター派遣の日本語上級専門家と協力し、主に中等教育機関の日本語教師を対象とした研修、セミナー、巡回指導等の実施、カリキュラム・教材作成に関する助言、日本語教師間のネットワーク構築促進、JF講座、“日本語パートナーズ”派遣事業支援(主に中等教育担当専門家のいない地域)、その他日本語教育に関する情報収集及び調査等を行う。
インドネシア(ジャカルタ)【現地の査証制度の都合上、赴任時点で57歳未満であることが望ましい。】 ジャカルタ日本文化センター(JF)〔EPA日本語予備教育担当〕 交替 平成30年7月 EPA日本語予備教育の教務副主任。主任の指示に基づくEPA日本語予備教育に関する業務、その他の日本語教育に関する事業への協力。
インドネシア(パダン)【現地の査証制度の都合上、赴任時点で57歳未満であることが望ましい。】 インドネシア中等教育機関(西スマトラ地域) 交替 平成30年6月 西スマトラ地域の高校を巡回して日本語教育に関する指導、地域の日本語教師間のネットワーク強化のため勉強会の開催等のほか、担当地域の“日本語パートナーズ”事業支援を行う。
タイ(ナコンラーチャシーマ) タイ中等教育機関 交替 平成30年4月 タイ東北部の所属校(高校)を拠点に所属校の日本語教育支援をしつつ、東北部の高校等を巡回し情報収集や日本語教育に関する助言を行うほか、日本語教師の教授法強化やネットワーク強化を目的としたセミナー等を開催する。また、バンコク日本文化センターの日本語事業への協力と“日本語パートナーズ”事業支援を行う。
フィリピン(マニラ) マニラ日本文化センター(JF)〔EPA日本語予備教育担当〕 交替 平成30年8月 EPA日本語予備教育の教務副主任。主任の指示に基づくEPA日本語予備教育に関する業務、その他の日本語教育に関する事業への協力。
ベトナム(ハノイ) ベトナム日本文化交流センター(JF 交替 平成31年2月 ベトナム日本文化交流センター派遣の日本語上級専門家と協力し、日本語教師を対象とした研修、セミナー、巡回指導等の実施、カリキュラム・教材作成に関する助言、日本語教師間のネットワーク構築促進、その他日本語教育に関する情報収集及び調査等を行う。初等教育への日本語教育導入支援を目的としてベトナム関係者と協力し、教科書開発を行なう。
ベトナム(ハノイ) ベトナム日本文化交流センター(JF 交替 平成30年6月 ベトナム日本文化交流センター派遣の日本語上級専門家と協力し、現地に派遣されている“日本語パートナーズ”に対して教務面の指導や助言等を行う一方で、“日本語パートナーズ”の受入に関わっている現地日本語教師に対してチームティーチング手法の紹介を含む教師研修等を実施する。
ベトナム(ホーチミン) ベトナム日本文化センターホーチミン執務室(JF 交替 平成30年6月 ベトナム日本文化交流センターがホーチミンにおいて実施する日本語講座の運営(コース設計やカリキュラム・教材作成、授業ならびに現地講師の指導)や、外部機関に対しJF日本語教育スタンダード導入を支援する。
マレーシア(クアラルンプール)【現地の査証制度の都合上、赴任時点で59歳未満であることが望ましい。】 クアラルンプール日本文化センター(JF 交替 平成30年10月 センター派遣の日本語上級専門家と協力し、日本語教師を対象とした研修、セミナー等の企画実施、特に中等教育段階における日本語教育の教員養成、カリキュラム・教材作成に関する助言、JF講座のコーディネートおよび授業担当、その他日本語教育に関する情報収集及び調査等の業務を行う。
マレーシア(クアラルンプール)【現地の査証制度の都合上、赴任時点で59歳未満であることが望ましい。】 マラヤ大学予備教育(計3名) 交替 平成30年3月 マレーシア政府がマラヤ大学に設置した予備教育部において、高校修了生を対象として日本の大学(学部)進学に必要な日本語指導に当たるとともに、学科運営を補佐する。予備教育の経験を有することが望ましい。
ラオス(ビエンチャン) 教育スポーツ省教育科学研究所 新規 平成30年6月 中等教育の第二外国語の1つである日本語の導入支援を目的として、カリキュラムやシラバスの検討、教科書や教師用指導書の開発、教師研修の実施、パイロット校における日本語授業のモニタリング等を行う。
オーストラリア
(シドニー)
シドニー日本文化センター 交替 平成30年7月 オーストラリアの日本語教育に資するため、センター派遣の日本語上級専門家と協力し、教師支援 (研修、巡回指導、ネットワーキング)、教材開発、学習者支援、コンサルティング、JF日本語教育スタンダードの導入支援、オンライン講座開発への協力、情報収集・調査等を行う。オーストラリア以外の大洋州諸国への日本語教育支援も業務の一部に含まれる。
メキシコ(メキシコシティ) メキシコ日本文化センター(JF 交替 平成30年9月 メキシコ日本文化センター派遣の日本語上級専門家と協力し、センターで実施するJF講座の運営(コース設計、カリキュラム・教材作成、授業の実施)、現地日本語講師の育成等を行う。
ブラジル(サンパウロ) サンパウロ日本文化センター(JF 交替 平成30年3月 サンパウロ日本文化センター派遣の日本語上級専門家と協力し、センターで実施するJF講座の運営(コース設計、カリキュラム・教材作成、授業の実施)、現地日本語講師の育成等を行う。
ブラジル(サンパウロ) サンパウロ日本文化センター(JF 交替 平成30年9月 サンパウロ日本文化センター派遣の日本語上級専門家と協力し、ブラジルおよび南米各国における日本語教師を対象とした研修、セミナー、巡回指導等の実施、カリキュラム・教材作成に関する助言、日本語教師間のネットワーク構築促進等を行う。
ブラジル(サンパウロ) サンパウロ日本文化センター(JF 交替 平成30年10月 サンパウロ日本文化センター派遣の日本語上級専門家と協力し、主にブラジルの高等教育機関への支援を担当して、カリキュラムへの助言、教材・試験問題作成支援、教師間研修の実施、教師間のネットワーク構築促進等を行う。
イタリア(ローマ) ローマ日本文化会館(JF 交替 平成30年3月 ローマ日本文化会館で実施するJF講座の運営(コース設計、カリキュラム・教材作成、授業の実施)、現地日本語講師の育成。
スペイン(マドリード) マドリード日本文化センター(JF 交替 平成30年6月 マドリード日本文化センター派遣の日本語上級専門家と協力し、センターで実施するJF講座の運営(コース設計、カリキュラム・教材作成、授業の実施)、現地日本語講師の育成等を行う。
ドイツ(ケルン) ケルン日本文化会館(JF 交替 平成30年10月 ケルン日本文化会館で実施するJF講座の運営(コース設計、カリキュラム・教材作成、授業の実施)、現地日本語講師の育成。また、ケルン日本文化会館派遣の日本語上級専門家と協力し、日本語教師を対象とした研修、セミナー、巡回指導等の実施、日本語教師間のネットワーク構築促進を行う。
フランス(パリ) パリ日本文化会館(JF 交替 平成30年3月 パリ日本文化会館派遣の日本語上級専門家と協力し、会館で実施するJF講座の運営(コース設計、カリキュラム・教材作成、授業の実施)、現地日本語講師の育成等を行う。
チェコ(プラハ) カレル大学 交替 平成30年9月 カレル大学日本学専攻における授業担当、カリキュラム・教材作成に対する助言、現地日本語講師への指導・助言・勉強会等の活動支援のほか、学科運営の自立化に対する計画立案、側面支援を行う。
ロシア(ノボシビルスク) ノボシビルスク国立大学 交替 平成30年8月 ノボシビルスク国立大学日本語学科における授業担当、カリキュラム・教材作成に対する助言、現地日本語講師への指導・助言・勉強会等の活動支援、地域の日本語教師間のネットワーク構築促進等。
ロシア(ウラジオストク) 極東連邦大学 新規 平成30年4月 ロシア極東地域の日本語アドバイザー。ウラジオストク(派遣先所在地)及び他の極東地域(ハバロフスク、サハリン等)の日本語教育機関訪問・アドバイス、JLPT実施への協力等。
トルコ(アンカラ) 土日基金文化センター 交替 平成30年6月 土日基金文化センターで実施するJF講座の運営(コース設計、カリキュラム・教材作成、授業の実施)、現地日本語講師の育成、日本語教師間のネットワーク構築促進等。
エジプト(カイロ) カイロ日本文化センター(JF 交替 平成30年3月 カイロ日本文化センターで実施するJF講座の運営(コース設計、カリキュラム・教材作成、授業の実施)、現地日本語講師の育成。また、カイロ日本文化センター派遣の日本語上級専門家と協力し、日本語教師を対象とした研修、セミナー、巡回指導等の実施、日本語教師間のネットワーク構築促進を行う。

それぞれの派遣先での業務内容については、「世界の日本語教育の現場から」もご参照ください。

ページトップへ戻る