国際交流基金 関西国際センター 教育系嘱託募集について

1.募集の目的

国際交流基金は、文化芸術交流、海外における日本語教育、日本研究・知的交流の分野でさまざまな活動を行っています。関西国際センターでは外交官公務員や学術専門家向けの専門日本語研修、海外で日本語を学習している大学生や高校生向けの日本語学習奨励研修を中心に、年間100カ国近く、500名程度の研修生を招聘して日本語研修事業を実施しています。また、Webサイト、アプリ、日本語オンラインコースなどのeラーニング教材やテストの開発も行っています。
このたび、関西国際センターでは、教育系嘱託を次のとおり募集します。

2.募集人数

若干名

3.業務内容

下記の業務を主に行います。

  1. (1)関西国際センターが実施する各種事業に関する内容の企画及び運営への協力
  2. (2)日本語研修プログラムのコースデザイン、講義
  3. (3)日本語学習プラットフォーム、日本語オンラインコース、Webサイト、アプリ等のeラーニングの開発・運営
  4. (4)日本語テストの開発・運用・分析
  5. (5)日本語、日本語教育に関する調査・研究活動
  6. (6)その他、国際交流基金が行う海外の日本語教育支援全般に渡る諸業務

4.委嘱予定期間

  1. (1)契約開始日:2019年6月1日(応相談。但し契約開始日は各月1日又は16日と致します。)
  2. (2)契約期間:2020年3月31日まで
    なお、以下の通り契約更新を行なう場合があります。
    1. ア.育児休業代替ポスト(1名分)
      最長2020年9月まで。ただし、育児休業中の専門員が休業を終了するときは、その時点で契約期間は終了となります。
    2. イ.その他
      最長2021年3月31日まで。

5.勤務場所

6.勤務条件・待遇

  1. (1)勤務日:月曜日~金曜日
    休日は、土曜日、日曜日、国民の祝日、年末年始(12月29日~1月3日)
    ※ただし、業務上の必要により、休日に勤務を命ずる場合があります。
  2. (2)勤務時間:9時~17時30分まで (休憩時間は、12時~13時)
  3. (3)給与等:国際交流基金の規定による
    基本手当:月額238,700円~267,000円の範囲内で基金の規定により決定
    その他諸手当:交通費、時間外手当、特別手当(賞与)
  4. (4)福利厚生:健康保険、厚生年金保険に加入、雇用保険、労災保険に適用
  5. (5)その他の勤務条件:国際交流基金の定めるところによる

7.応募資格

  1. (1)日本語教育及び周辺領域(日本語学、言語学等)の大学院修士課程を修了した者(応募時点で修了見込みの者も応募可)、またはこれと同等以上の学歴を有する者。
  2. (2)日本語教育に1年以上従事した経歴を持つ者(個人教授を除く)。
  3. (3)教材制作(担当コースの教材やテスト、eラーニング教材等)の経験が一定程度ある者。
  4. (4)原則として契約開始時期までに着任が可能な者。
  5. (5)日本国籍を有する者でない場合は日本国内で合法的に就労できる者。
    ※海外での教授経験がある者、英語の運用能力が高い者がより望ましい。

8.応募手続

9.選考方法等

  1. (1)第一次審査(書類審査)
    第一次審査合格者に対し、2019年4月19日(金曜日)までに電子メールにより通知します。
  2. (2)第二次審査(面接審査)
    第一次選考合格者に対し、2019年4月24日(水曜日)の指定する時間に面接審査を実施します。(遠隔地についてはオンライン可。当センターへお越しいただく際は、面接審査にかかる交通費は自己負担としますので、予めご了承ください。)

11.連絡先

〒598-0093 大阪府泉南郡田尻町りんくうポート北3-14
国際交流基金 関西国際センター 担当:山村
Eメール:kc_saiyo@jpf.go.jp
(メールを送る際は、全角@マークを半角@マークに変更してください。)
※お問い合わせはメールでお願いいたします。

ページトップへ戻る