国際交流基金 関西国際センター 日本語教育専門員募集について

【募集の目的】

国際交流基金(ジャパンファウンデーション)は、文化芸術交流、海外での日本語教育支援、日本研究・知的交流等の分野でさまざまな活動を行っております。
当基金の附属機関である関西国際センターで実施する日本語研修プログラムにおける日本語指導や教材、テストの開発業務等、当基金が行う日本語教育に関する諸業務を担う、日本語教育専門員の募集を下記のとおり行います。

【募集内容】

1. 募集人数

数名程度

2. 身分

関西国際センターと業務委嘱契約を結び日本語教育専門員として業務に従事します。

3. 業務内容

下記の業務を主に行います。

  1. (1)関西国際センターが実施する各種事業に関する内容の企画及び運営への協力
  2. (2)日本語研修プログラムのコースデザイン、講義
  3. (3)日本語学習プラットフォーム、日本語オンラインコース、Webサイト、アプリ等のeラーニングの開発・運営
  4. (4)日本語テストの開発・運用・分析
  5. (5)日本語、日本語教育に関する調査・研究活動
  6. (6)その他、国際交流基金が行う海外の日本語教育支援全般に渡る諸業務

4. 主たる勤務地

5. 待遇

  1. (1)手当
    国際交流基金の規程に基づき、各人の学歴・経験等に従い基本手当、特別調整手当、住居手当(該当する場合)、通勤手当、扶養手当(該当する場合)等を毎月支給するほか、特別手当を支給します。
  2. (2)社会保険
    健康保険、厚生年金保険、企業年金基金、雇用保険、労災保険に加入します。

6. 勤務条件

  1. (1)勤務日
    原則として、月曜から金曜までの週5日勤務。土曜、日曜、祝日、年末年始休暇を休日とします。
  2. (2)休暇
    1年度あたり年間20日の有給休暇制度有り。その他、勤務条件は国際交流基金の定めるところによります。

7. 委嘱開始時期及び委嘱期間

  1. (1)委嘱開始日(予定)
    2020年3月1日から5月1日
    ※委嘱開始日は上記を基準といたしますが、個別に相談に応じます。
  2. (2)委嘱期間
    原則として委嘱開始日より2022年6月30日まで。但し、任期中の勤務状況を評価の上、再委嘱することもあります。再委嘱時の契約期間は、原則として3年であり、最長で60歳になる日が属する年度の年度末までの更新があり得ます。

【応募資格】

次の各項目(1~6)の全てを満たす者とします。

  1. (1)日本語教育及び周辺領域(日本語学、言語学等)の大学院修士課程を修了した者、またはこれと同等以上の学歴を有する者
  2. (2)日本語教育に3年以上従事した経歴(個人教授を除く)を持つ者(海外で日本語教育に従事した経験のある者が望ましい)
  3. (3)教材開発(出版教材、eラーニング教材、担当コースの教材、テスト等)の経験が一定程度ある者
  4. (4)将来海外で勤務する意志のある者
  5. (5)日本国籍を有する者でない場合は日本国内で合法的に就労できる者
  6. (6)英語の運用能力がある者

【応募方法】

1. 提出書類

  1. (1)履歴書(写真1葉貼付)-関西国際センター指定用紙(別添)【WORD:112KB】
    ※なお、記入内容が多いなどの理由で書式がずれてしまう、枚数が多くなってしまうなどは別用紙でも構いませんが、記入項目については必ずすべて記載してください。
  2. (2)履歴書別紙【WORD:85KB】
    志望理由等、設問について枠内に記載してください(別の様式を使用する場合は、各設問がA4一枚以内におさまるようにしてください)。
  3. (3)業績資料
    1. ア.著書または論文1点(学位論文は除く)。
    2. イ.制作した教材(eラーニング教材、テストも可)の資料1点。
    3. ウ.外国語運用能力を示す資料(資格がある場合は、証書写を添付してください)。
    • ア.イ.の2点について返却を希望する場合はその旨を明記してください。
    • 業績資料には氏名を記しておいてください。
  4. (4)推薦状1通
    推薦者と本人との関係を明記。推薦状は推薦者自らが封筒に入れ密封のこと。
    • 提出書類は、(3)のうち返却希望と明記されたもの以外は返却いたしません。なお、不採用者となった方の個人情報につきましては、今般の採用活動終了後、適切な方法により廃棄します。
    • 2次審査通過者には、卒業証明書、健康診断書等の提出を求めます。

2. 提出期限

2019年10月30日(水曜日)必着

3. 提出方法及び提出先

封筒に「日本語教育専門員応募書類在中」と朱書し、下記宛に郵送すること。

〒598-0093 大阪府泉南郡田尻町りんくうポート北3-14
国際交流基金 関西国際センター 日本語教育専門員公募係

【選考方法】

  1. 1. 1次審査
    書類審査。結果は、以下の日程を目途に電子メールで通知します。
    11月13日(水曜日)
  2. 2. 2次審査
    1次審査通過者に対して以下の指定する時間で関西国際センターで面接、口頭試問等を実施します。
    12月2日(月曜日)~12月6日(金曜日)のいずれか
  3. ただし、海外在住等の理由で希望される場合は、オンラインでも面接可能です(夜間不可。Zoom★での通信が可能であること。なお、2次審査にかかる旅費・交通費・通信費等は自己負担とし、関西国際センターは負担いたしません)。

    Zoomは、アカウントを作成しなくても、専用のURLを開くとミーティングルームに移動することができるWeb会議システムです。初めてZoomを使う人は、アプリケーションのインストールが必要です。グループビデオ通話の推奨環境(必要帯域)はUpload Speed 600kbps / Download Speed 1.2Mbpsです。

  • 日時、会場等は1次審査通過者にeメールにて別途通知します。
  • 選考結果は、審査終了後できるだけ速やかに通知します。

【お問い合わせ先】

国際交流基金 関西国際センター 日本語教育専門員公募係
〒598-0093 大阪府泉南郡田尻町りんくうポート北3-14
Eメール:kc_saiyo@jpf.go.jp
※メールには必ず題名に「日本語教育専門員公募」と入れてください。
(メールを送る際は、全角@マークを半角@マークに変更してください。)

ページトップへ戻る