国際交流基金 日本語国際センター図書館専任司書募集について

1.募集の目的

独立行政法人国際交流基金(以下「当基金」)は、文化芸術交流、海外における日本語教育、日本研究・知的交流の分野でさまざまな活動を行っており、海外における日本語教育については、海外の日本語教育機関への専門家の派遣、現地日本語講師の養成、日本語能力試験の実施など、各種事業を行っています。日本語国際センター(以下「当センター」)は、当基金附属機関として研修事業(海外の日本語教師の養成・研修)と教材制作事業(日本語教材・教授法の開発・普及)及び情報の収集・提供等を総合的に行うため、平成元年7月に設置されました。
この度、当センター図書館司書として同図書館の運営に専門的見地から関わっていただく方を募集します。日本語教育専門図書館の運営に、熱意を持って取り組んでいただける方の応募を期待します。

参考:日本語国際センター図書館について

2.募集人数

1名

3.業務内容

日本語教育専門図書館の管理運営

  1. (1)司書業務:図書館システム管理、資料収集・整理、雑誌管理、蔵書管理、閲覧業務、レファレンスサービス、当センターで実施される研修への出講、ILL(相互貸借)、広報、執務用図書管理
  2. (2)図書館運営業務:業務計画作成、業務全体の管理・監督、月例報告書作成、各種統計作成、当基金内外関係機関との連絡・調整等

4.勤務場所

5.身分

当基金と業務委嘱契約を結び「専任司書」として業務に従事。

6.契約開始時期および契約期間

  1. (1)契約開始時期:2019年10月以降(応相談)
  2. (2)契約期間:勤務開始日より2022年6月30まで。
    (ただし、勤務状況等により契約更新の可能性あり。)

7.勤務条件・待遇

  1. (1)給与等: 当基金の規程により各人の学歴・経験等を勘案して決定。
    • 基本手当、特別調整手当
    • その他諸手当:扶養手当(該当する場合)、住居手当、通勤手当、特別手当
  2. (2)福利厚生: 健康保険、厚生年金保険、企業年金基金、雇用保険、労災保険に加入
  3. (3)勤務日: 月曜日から金曜日までの週5日勤務。
    休日は、土曜日、日曜日、国民の祝日、年末年始(12月29日~1月3日)。
    ※ただし、業務上の必要により、休日に勤務を命ずる場合がある。
  4. (4)勤務時間: 9時15分から19時00分までの時間帯の内で実働7時間半(休憩時間は1時間)。カウンター業務(シフト制)あり。
  5. (5)毎年度20日の年次有給休暇制度あり(ただし、初年度は勤務開始月によって日数が調整される)。
  6. (6)その他の勤務条件:当基金の定めるところによる。

8.応募資格

以下の(1)~(6)のすべてを満たす者

  1. (1) 大学以上の課程を修了し、日本の司書資格を保有していること。
  2. (2)大学・研究機関図書館や公立図書館において、原則として5年以上の実務経験を有すること(図書館管理運営の経験があればなお可)。
  3. (3)NACSIS-CAT/ILLを含め、図書館システム、データベースに関する知識・経験を有すること。
  4. (4)基本的な英会話・英作文能力を有すること
  5. (5)日本国籍を有する者でない場合は、日本国内で合法的に就労できること
  6. (6)心身共に健康である者

※なお応募資格ではないが、日本語教育や言語学の知識があればなお望ましい。

9.応募方法

下記(1)の応募書類を(2)の宛先に送付してください。

  1. (1)応募書類
    1. ア.日本語国際センター専任司書応募用紙(指定書式)【WORD:58KB】
    2. イ.志望理由書(これまでの業務経験を踏まえて採用後の抱負をまとめたもの。A4用紙1~2枚、自由書式)
    3. ウ.職歴の詳細(在職期間及び各機関での業務内容詳細。A4用紙1~2枚、自由書式)
    4. エ.推薦状1通
      ※推薦者と本人との関係を推薦状に明記すること。また、推薦状は推薦者本人が封筒に入れ厳封すること。推薦状については、推薦者から当センター宛に直接送付することも可。
    5. オ.証明書類の写し(大学以降の学歴、資格、外国語能力を証明できるもの)
      ※第二次審査通過者には、職歴の証明書、健康診断書等の提出を求めることがあります。
  2. (2)宛先
    〒330-0074 埼玉県さいたま市浦和区北浦和5-6-36
    国際交流基金 日本語国際センター 教材開発チーム 専任司書募集担当係
    (※封筒には朱書きで「専任司書応募書類在中」と明記してください。)
  3. (3)応募締切
    2019年8月19日(月曜日)消印有効
    • 1 応募書類は郵送のみ可とし、ファックスや電子メールによる応募は受理しません。
    • 2 応募書類は返却しませんので、予めご了承ください。

10.選考方法

  1. (1)第一次選考(書類選考)
    第一次選考合格者に対し、2019年8月23日(金曜日)までに電子メールにより通知します。
  2. (2)第二次選考(面接選考)
    第一次選考合格者に対し、2019年9月2日(月曜日)を目処に当基金が指定する日時に面接選考を実施します。第二次選考対象者には、35,000円を上限として規定の交通費(実費)を支給します。

10.連絡先 (問い合わせ先)

国際交流基金 日本語国際センター 教材開発チーム 専任司書募集担当係
Eメール: NCsaiyo@jpf.go.jp
(メールを送る際は、全角@マークを半角@マークに変更してください)

ページトップへ戻る