国際交流基金 日本語試験センター日本語能力試験 大学院生アシスタント募集について

募集の目的

独立行政法人国際交流基金は、文化芸術交流、海外での日本語教育支援、日本研究・知的交流等の分野でさまざまな活動を行っていますが、日本語事業の一環として1984年以来、公益財団法人日本国際教育支援協会と共催し、日本語を母語としない人を対象とした日本語能力試験を実施しています。
このたび、当基金日本語試験センターでは、日本語能力試験の作成等の補助を行う大学院生アシスタントを以下のとおり募集します。

募集内容

1.募集人数

1名

2.身分

国際交流基金と契約を結び、日本語能力試験大学院生アシスタント(読解類)として業務に従事します。

3.業務内容

以下の業務を主に行います。

  1. (1)会議中の記録の作成、事後処理
  2. (2)資料の作成やデータ入力
  3. (3)会議の準備、片付け

4.主たる勤務地

5.待遇

  1. (1)手当
    時給 1,300円
    その他通勤手当、また法定労働時間を超える勤務については時間外手当を支給
  2. (2)社会保険
    労災保険に加入

6.勤務条件

  1. (1)勤務日/時間
    原則として、平日9時30分から18時まで(昼休憩12時30分~13時30分)のうち、一週間あたり26時間以内を限度として、担当研究員の指定する時間。ただし、会議等で土曜、日曜、または祝日の出勤あり(以下のモデルケースを参照)。

    <1ヵ月のモデルケース(月2回程度、土曜または日曜に9時30分~18時勤務)>

    週末の会議担当
    7.5時間勤務(9時30分~18時 昼休憩1時間)×2回/月=15時間
    平日の勤務
    7.5時間勤務(9時30分~18時 昼休憩1時間)×1回/週×4週=30時間
    4.5時間勤務(13時30分~18時)×1回/週×4週=18時間
    合計
    63時間/月
  2. (2)休暇
    有給休暇制度有り(契約更新の場合、着任日より6カ月後に付与)
  3. (3)その他の勤務条件
    国際交流基金の定めるところによる。

7. 契約期間

2018年3月1日~2018年3月31日まで
(採用日から通算3年まで、勤務状況を評価の上で契約を更新する可能性有り。長期に勤務可能な方を歓迎します。なお、更新の場合、その場合は原則3ヶ月ごとに更新。)
※着任時期については相談により早期にお願いする場合があります。

応募資格

次の項目を満たす者とします。

  1. (1)日本語教育もしくは日本語学に関する分野の大学院修士課程または博士課程に在籍する者
  2. (2)当アシスタント職在職中に日本語学校でのアルバイト、また日本語能力試験に関わる仕事をする予定の無い者
  3. (3)日本国籍を有しない場合は、日本国内で合法的に就労できる者

応募方法

1.応募書類

  1. (1)履歴書(写真貼付)【WORD:72KB】
  2. (2)志望理由書(氏名を記入)
    A4版用紙1枚以内で、次のような点に触れつつ志望理由を記すこと。
    1. これまでの専門の内容、特に関心を持ってきたこと。
    2. なぜ当アシスタント職に応募するのか。

※ご提出頂いた書類は返却せず、当方で責任をもって破棄します。

2.提出期限

2018年1月26日(金曜日)17時必着

3.提出方法及び提出先

封筒に「大学院生アシスタント応募書類在中」と朱書し、下記宛に郵送してください。

〒160-0004 東京都新宿区四谷4丁目3番 四谷トーセイビル8階
国際交流基金 日本語試験センター
大学院生アシスタント採用担当係

選考方法

1.第一次選考

書類選考を行います。記載内容につきご質問をする場合がありますので、応募用紙には連絡が取れる電話番号とEメールアドレスを明記してください。  結果は2018年2月初旬までに通知いたします。

2.第二次選考

第一次選考通過者に対して次の日程で面接を実施します。 2018年2月19日(月曜日)~2月23日(金曜日)を予定しています。(該当者に個別に通知します。)

結果通知

第二次選考の結果は面接実施後、数日中に通知します。

問い合わせ先

国際交流基金(ジャパンファウンデーション)
日本語試験センター 大学院生アシスタント採用担当
※ お問い合わせは可能な限りEメールにてお願いします
電話:03-5367-1021 ファックス:03-5367-1025
Eメール:js_saiyo@jpf.go.jp
(メールを送る際は、全角@マークを半角@マークに変更してください)

ページトップへ戻る