アジア理解講座 2000年度 第2期




2000年度 第2期
その他の
異文化理解講座
アジア理解講座
実績について
出版について

[月曜日] 「アジアのポピュラー音楽と社会変動」

[火曜日] 「アジアの文字曼陀羅~文字から見える文化圏~」

[水曜日] 「アジアの女性:変容する社会のなかのジェンダー」

[金曜日] 「台湾を知ろう」

※講師、講座内容等、詳細につきましては、各曜日のボタンをクリックしてください。

月曜日

「アジアのポピュラー音楽と社会変動」

日程

2000年9月25日~12月11日の毎週月曜日、ただし10月2日、10月9日は休講

講師【講義順】

  • 井上 貴子(コーディネーター/大東文化大学国際関係学部助教授)
  • 関谷 元子(『ポップ・アジア』編集長)
  • 福岡 正太(国立民族学博物館民族学研究部助手)
  • 小池 誠(桃山学院大学文学部教授)
  • 渋谷 利雄(和光大学人間関係学部教授)
  • 久万田 晋(沖縄県立芸術大学附属研究所助教授)
  • 小倉 利丸(富山大学経済学部教授)

コーディネーターからのメッセージ

これまでアジアの音楽として紹介・研究されてきたのは、いわゆる「伝統的」とされる古典音楽や民俗音楽が中心でした。しかし、90年代に入ると、日本で中国語圏のスターやインド映画などがブームとなったり、日本人歌手がアジアでヒット曲を生み出すようになり、いまや、メディアの発達による国境を越えた交流が当たり前になっています。ポピュラー音楽は「ふつうの人々」の暮らしに密着した音楽です。今を生きる人々によって創られ、日常として受け入れられ、語られ、体験される音楽です。
だからこそ、今という時代の影響を大きく受け、それを色濃く反映しています。ポピュラー音楽は「アジアの今」を考えるのに欠くことのできない重要な文化現象であるといえるでしょう。しかしながら、こうした問題に関する体系的な研究はまだ始まったばかりです。
本講座は、アジアのポピュラー音楽の単なる紹介にとどまらず、それを現代における当該社会の変容や、アメリカ主導のグローバルなポピュラー音楽の流通との関わり、日本における受容のありかたのなかで考えていくことを目的とします。それによって、アジア各地に暮らす人々の価値観やアイデンティティがいかに構築され、発現されているのかを具体的に考えていきたいと思います。
この講座を通じて、伝統的な遺産の残るアジア、近代化に遅れをとったアジア、貧しい被援助国としてのアジアとは異なる、激しく変動する社会の様々な問題を抱えつつも、世界の動きに敏感に対応し、それを再解釈し消化して自らのものとしていく、積極的なアジア像を提示できればと考えています。

講座概要 【PDF:30KB】

火曜日

「アジアの文字曼陀羅~文字から見える文化圏~」

日程

2000年9月26日~11月28日の毎週火曜日

講師【講義順】

  • 町田和彦(コーディネーター/東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所教授)
  • 本田孝一(アラビア文字書道家)
  • 豊島正之(東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所助教授)
  • 菅原純(東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所COE研究員)
  • 峰岸真琴(東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所助教授)

コーディネーターからのメッセージ

 いつか、地球探査の目的で来た宇宙人が作成したこの星のさまざまな資源の分布についての報告書が読める日がくるかもしれない。
その報告書の中には、自然資源とは別に、情報資源として人間の使用する文字についての調査項目もきっとあるにちがいない。
そして驚くべきことに、「アジア」と呼ばれる地域に、この星で使用されている文字の全種類の内90パーセント以上が集中して分布しているという調査結果も目にするかもしれない。
私たち自身は、アジアについてどれだけのことを知っているだろう。
政治、経済、宗教、地理、言語などによって、いろいろ線引きや色分けされているアジアについての知識はひとまずおいて、もう一度アジアという地域とその特質について別の角度から考えてみたいと思います。
今回の講座は、多様な文字の分布が集中するアジアを文字という切り口から見なおし理解を深めることが狙いです。

講座概要 【PDF:31KB】

水曜日

「アジアの女性:変容する社会のなかのジェンダー」

日程

2000年9月27日~11月29日の毎週水曜日

講師【講義順】

  • 押川 文子(コーディネーター/国立民族学博物館教授)
  • 八木 祐子(宮城学院女子大学助教授)
  • 村上 薫(アジア経済研究所研究員)
  • 小林 寧子(南山大学外国語学部助教授)
  • 天川 直子(アジア経済研究所研究員)
  • 澤田 ゆかり(東京外国語大学助教授)
  • 土佐 桂子(神戸大学国際文化学部助教授)
  • 木崎 翠(横浜国立大学経済学部助教授)
  • 深川 由紀子(青山学院大学経済学部助教授)

コーディネーターからのメッセージ

 ここ10年ほどの間に、アジアの多くの社会では激しい経済や政治の変動を経験してきました。今回の講座では、ジェンダーに焦点をあてながら、日常生活の場から、こうした変動を、考えてみたいと思います。改革開放政策のもとで、あらためて家族が問われている中国、返還前後の社会の変化のなかの香港、儒教的女性規範に揺らぎがみえる韓国、ポルポト時代の苦難を経て門戸開放の進むカンボジア、スハルト政権崩壊後様々な運動が一挙に顕在化しつつあるインドネシア、独自の女性規範をもつミャンマー、ナショナリズムの時代の終焉とグローバル化の進むインド、そして男性による女性の保護を「名誉」とする規範の強いなかで女子労働が拡大しつつあるトルコ。
「アジア」といっても、ジェンダーのあり方は多様ですが、同時に、多くの地域で、男女の関係や家族のあり方に、静かな、しかし決定的な変化がおきつつあります。講座では、それぞれの国の「今の女性たち、男性たち」の生き方を、お伝えしたいと思います。

講座概要 【PDF:37KB】

金曜日

「台湾を知ろう」

日程

2000年9月29日~12月8日の毎週金曜日、ただし11月3日は休講

講師【五十音順】

  • 若林 正丈(コーディネーター/東京大学大学院総合文化研究科教授)
  • 小笠原 欣幸(東京外国語大学外国語学部助教授)
  • 笠原 政治(横浜国立大学教育人間科学部教授)
  • 川上 桃子(アジア経済研究所研究員)
  • 佐藤 幸人(アジア経済研究所研究員)
  • 張 士陽(東京大学大学院人文社会系研究科助手)
  • 塚本 元(法政大学法学部教授)
  • 松田 康博(防衛庁防衛研究所主任研究官)
  • 山口 守(日本大学文理学部教授)

コーディネーターからのメッセージ

2000年春台湾では総統(大統領)の直接選挙が行なわれ野党民進党の陳水扁氏が当選し、半世紀続いた国民党政権の平和的交代が実現しました。このことは衆議院総選挙を控えた日本の政治にもインパクトを与えました。昨年7月には李登輝総統(当時)が、台湾と中国は「特殊な国と国との関係」と発言し内外に衝撃を与えました。この間、9月には台湾中部大地震が発生しましたが、全台湾あげて救援と復興に取り組む姿は、阪神大震災を経験したばかりの日本でも大きな共感を呼びました。また、先ごろ開かれた沖縄サミットでは、それが故意に避けられた議題だったという意味で、潜在的な緊張が消えない中台関係が隠れた大きな問題でした。
このように、日本をとりまく環境の中で、台湾の存在がますます無視できないものとなっています。台湾は日本のすぐ南の隣人ですが、正式国交が無いためか、歴史的因縁が浅からぬものがあるのに、日本では十分な理解がありません。にもかかわらず、いやおうなしに台湾海峡は日本の前途に大きくかかわるようになっています。南の隣人に知識の上でも近づくことが必要です。
台湾は九州ほどの面積で人口約2200万ですが、大変複雑なところです。なかなか一筋縄ではいきません。現代台湾の政治・経済の理解を中心にしながら、歴史、民族、言語、文学を含め、安全保障問題にも及ぶ多面的な台湾理解の手がかりが得られるよう工夫してみました。講座を通じて、複雑で新しい南の隣人の姿が浮かび上がってくることを期待しています。

講座概要 【PDF:34KB】

ページトップへ戻る