国内上映事業 The Japan Foundation Film Series Part 2 にっぽん60年代 巨匠たちの原点

The Japan Foundation When Masters were Young -1960's Film Series Part 2: When Masters were Young-1960's

にっぽん60年代 巨匠たちの原点

<開催概要>
国際交流基金(ジャパンファウンデーション)は日本文化紹介活動の一つとして、日本映画に外国語字幕を付け、海外における上映に提供しています。このたび、日本に在住する外国の方々にも日本映画の豊かさに触れて頂く一端になればと、英語字幕付き日本映画の上映会を行ないます。

2004年6月に開催した<Masters of the Japanese Cinema 日本映画の巨匠と女優たち>に引き続く第2弾の企画として、<When Masters were Young -1960's にっぽん60年代 巨匠たちの原点>と題し、今回は1960年代の作品に焦点を当てます。

1960年代には高度経済成長が進み、都市部のサラリーマン層が増加し、庶民生活が豊かになってゆきました。1964年の海外旅行自由化や東京オリンピック開催に顕著なように日本の状況が大きく変化し、学生運動の高まりなど社会は激動しました。テレビの普及もあいまって、50年代に隆盛を極めた映画界は観客数が激減しますが、プログラムピクチャーがさかんになる一方で、新たな映画を模索していきました。

今回の上映会では、普段スクリーンで見る機会の少ない作品に接し、巨匠の若き日の個性豊かな軌跡、そして今こそ再考したい日本社会の転換期ともいえる60年代の一端を目の当たりにすることができるでしょう。

概要
会期 2005年3月25日(金)~3月27日(日)
会場 赤坂・国際交流基金フォーラム
主催 国際交流基金(ジャパンファウンデーション)
企画・運営協力 特定非営利活動法人東京フィルメックス実行委員会事務局
協力 松竹、日活
入場料金 当日600円(当日券のみ)
JFサポーターズクラブ会員は当日500円(当日券のみ)
※レクチャーは入場無料
※各回入替制 ※開場は15分前 ※全作品英語字幕付き
上映作品 全7作品を英語字幕付きで上映(各1回上映)
『日本春歌考』、『なつかしい風来坊』、『日本脱出』、『乾いた湖』
『太平洋ひとりぼっち』、『にっぽん昆虫記』、『東京流れ者』

上映スケジュール
2005年3月25日 金曜日
19:00 日本春歌考
2005年3月26日 土曜日
13:00 なつかしい風来坊
15:00 日本脱出
16:45 吉田喜重監督によるレクチャー&質疑応答
(入場無料)
19:00 乾いた湖
2005年3月27日 日曜日
11:30 太平洋ひとりぼっち
14:00 にっぽん昆虫記
17:00 東京流れ者

(開場は各15分前)

[お問い合わせ]

上映会事務局(東京フィルメックス内) Tel:03-3560-6394(11:00~17:30 平日のみ)

ページトップへ戻る