国内上映事業 The Japan Foundation Film Series Part 5

巨匠が描いた花街の女たち

<企画趣旨>

国際交流基金(ジャパンファウンデーション)は日本文化紹介活動の一つとして、日本映画に外国語字幕を付け、海外における上映に提供しています。このたび、日本に在住する外国の方々にも日本映画の豊かさに触れて頂く一端になればと、英語字幕付き日本映画の上映会を行ないます。

2004年6月のThe Masters of Japanese Cinema 日本映画の巨匠と女優たち>、2005年3月のWhen Masters Were Young - 1960s にっぽん60年代 巨匠たちの原点>、2005年6月のFlashback / Flashforward: Staging the Past フラッシュバック/フラッシュフォワード:過去への視線>、2005年9月のThe Best of Japanese Horror ジャパニーズ・ホラー傑作選>に引き続く第5弾の企画として、MastersGaze on Women in Hanamachi ~巨匠が描いた花街の女たち>と題し、今回は芸者や遊女など花柳界に生きる女性を描いた映画を特集します。

ハリウッド映画「SAYURI」でも取り上げられ、海外からも興味を集める題材ですが、かねてから日本映画の巨匠たちによっても多彩に描かれてきました。華やかな世界に生きる女性像のみならず、陰影に満ちた人間描写を目の当たりにすることができるでしょう。

また、上映に加えて、常石史子氏(東京国立近代美術館フィルムセンター研究員)による講演も行ない、それらの映画の背景をもひもとくプログラムとなっております。

概要
会期 2006年3月17日(金曜日)~3月19日(日曜日)
会場 赤坂・国際交流基金フォーラム
主催 国際交流基金(ジャパンファウンデーション)
企画・運営協力 特定非営利活動法人 東京フィルメックス実行委員会
協力 角川映画、東映、日活
入場料金 当日600円(当日券のみ) *講演は入場無料
* JFサポーターズクラブ会員は当日500円
* 各回入替制 (開場は15分前)
* 全作品英語字幕付き

【上映スケジュール】*入替制(会場は15分前)
2006年3月17日(金曜日)
19時 「妖刀物語 花の吉原百人斬り」
2006年3月18日(土曜日)
13時30分 「女は二度生まれる」
15時15分

講演 常石史子氏「日本映画に見る花街の女たち」
(東京国立近代美術館フィルムセンター研究員)
*英語通訳付き、入場無料

18時 「四畳半襖の裏張り」
2006年3月19日(日曜日)
13時30分 「噂の女」
15時30分 「偽れる盛装」
18時 「日本橋」

[お問い合わせ]

上映会事務局(東京フィルメックス内)
Tel:03-3560-6394 (11:00~17:30 3/16まで(平日のみ))

ページトップへ戻る