国内上映事業 ロッテルダム国際映画祭

ロッテルダム国際映画祭 2002年1月23日~2月3日

 インディペンデント系を中心に才能ある若手、中堅の監督作品を紹介する、オランダの「第31回ロッテルダム国際映画祭」(31st International Film Festival Rotterdam)では、長編22本、短編6本の計28作品の日本映画を上映します。(会期:2002年1月23日-2月3日、Webサイトアドレスhttp://www.filmfestivalrotterdam.com)

 本映画祭に対し、国際交流基金は日本からの出品作品のプリント送料・通関料および監督・俳優の航空賃の一部を助成します。

~長編メインプログラム~

 

殺し屋1、ビジターQ、
   カタクリ家の幸福、荒ぶる魂たち

三池崇史監督


 

ディスタンス

是枝裕和監督


 

ハッシュ!

橋口亮輔監督


 

回路

黒沢  清監督


 

青い春

豊田利晃監督


 

柔らかな頬

長崎俊一監督


 

自殺サークル

園子  温監督


 

ピストルオペラ

鈴木清順監督


 

ウォーターボーイズ

矢口史靖監督


 

ファスナーと乳房

白川幸司監督


 

奥原浩志監督


~エクスプローディング・シネマ部門~

 

イン・ザ・フレーム

田中秀征監督


 

リリイ・シュシュのすべて

岩井俊二監督


~クリティクス・チョイス部門~

 

東京エロチカ

瀬々敬久監督


 

H story

諏訪敦彦監督


~ホワット・シネマ部門~

 

the War on TV

瀧健太郎監督


 

アヴァロン

押井  守監督


 

いちばん美しい夏

ジョン・ウイリアムズ監督


 

a≠aあるいは踊り続ける
 デヴァタたちのために

河合政之監督



※短編部門で帯谷有理監督、河瀬直美監督(2作品)、徳永富彦監督、
Yamamoto Hyoe監督、Alain Escalle監督作品を上映

ページトップへ戻る