歌手RIKKIさんインタビュー(J-POP中国・モンゴル公演) プロフィール

RIKKIさんプロフィール
1975年奄美大島生まれ。4歳から大好きな島唄で舞台に立ち始め、15歳で「第13回日本民謡大賞」のグランプリを史上最年少で獲得。93年にデビューアルバム「風の声」を発売し、本格的な活動を開始。トラディショナルな島唄とポップスの両面を歌いこなす高い歌唱力はジャンルを越えて賞賛を浴び、活動も多岐に渡る。

「長良川国際ジャズフェスティバル(94年)」「アジア太平洋フェスティバル'96・ASIAN NOW(96年)」「カンヌ国際音楽祭(フランス・97年)」「日本芸術文化祭(ルーマニア・99年)」等、デビュー当時から出演したフェスティバルだけを見てもその多彩さが判る。

またRIKKIの歌声に魅了された音楽家も多い。久石譲氏は音楽プロデュースを手掛けた98年長野パラリンピックの開会式にRIKKIを起用。また同年行なわれた京都・醍醐寺での同氏プロデュースの一大音絵巻イベント「醍醐寺音舞台」にも出演。ロックバンド「THE BOOM」の宮沢和史氏は、アルバムにもRIKKIを起用し、2003年には同氏とのデュエットシングル「からたち野道/朱鷺-トキ-」を発売。
 
2001年春には宮崎駿監督のアニメーション映画「千と千尋の神隠し」のイメージアルバム(音楽:久石譲氏)に参加し、同年夏にはメガヒット・ゲームソフト「ファイナルファンタジーⅩ」の主題歌「素敵だね」が15万枚の売上を記録。
2002年8月、7枚目のアルバム「蜜」を発売。同日、93年に九州地区限定発売されていた、島唄アルバム「むちゃ加那」が全国で再発売され、続けて9月には、洋楽的なサウンドアプローチをした島唄アルバム「シマウタTRICKLES」を発売。
2003年6月には「Asian Fantasy Orchestra」総勢20名の大御所ミュージャンの一員として東南アジア4カ国への公演ツアーに参加し、また9月には東ヨーロッパのモルドヴァで開催された「ETHNO JAZZ FESTIVAL 2003」に日本人で初めて出演し、ヨーロッパのメディアで話題となる。
2004年3月にはNHK Bs-hiのスペシャル番組「アジア音紡ぎの旅」でアジア4カ国(インドネシア・台湾・モンゴル・イラン)、一カ月間に及ぶ海外ロケのナビゲーターを務め、各国々の人に出会い、歌声を披露し、日本の歌手RIKKIの存在を強く印象づけた。

今後、間違いなく日本国内だけではなく世界中に知られてゆく「歌い手」である。
Official Website・・・http://www.office-rikki.com

ページトップへ戻る