EU児童青少年演劇日本縦断招へい公演2005(EU・TAC2005) - 事業概要

心に栄養ドリンク「子どもと大人のためのヨーロッパ演劇」~18カ国の舞台人と直接出会ってみよう~

日・EU市民交流年
2005年日・EU市民交流年事業

事業概要

事業名 -2005年日・EU市民交流年 記念事業-
EU児童青少年演劇日本縦断招へい公演2005
事業の目的 2005年日・EU市民交流年の記念事業として実施される本事業を通して、EU18カ国よりプロフェッショナルな児童青少年演劇団体を一同に日本へ招へいし、夏休みの期間を利用して日本全国の児童青少年たちに、長い歴史が育んだ伝統と現代が混在した欧州児童青少年演劇を紹介することで、演劇を通じて日本と欧州連合(EU)の理解と交流の進展に寄与することを目的とします。
事業実施期間 2005年8月4日(木)~8月18日(木)
実施都市 6都道県(東京、鳥取、北海道、沖縄、鹿児島、熊本)
38会場、18劇団による78公演
主催 EU児童青少年演劇日本縦断招へい公演2005実行委員会
各都市現地実行委員会
共催 APPN-JAPAN(アジア・パシフィック青少年舞台芸術プロデューサー、プレゼンター&プロモーター・ネットワーク日本センター)
国際交流基金(ジャパンファウンデーション)、(財)六行会、アトリエ・フォンテーヌ、シアター代官山、東京労音、R'sアートコート(労音会館)
助成 文化庁
ブリディッシュカウンシル/ドイツ文化センター
協賛 東急観光(株) 日本交通(株)
後援 外務省
駐日欧州委員会代表部
招へい国在日大使館(ベルギー、チェコ、デンマーク、ドイツ、エストニア、スペイン、フランス、アイルランド、イタリア、リトアニア、オランダ、オーストリア、ポーランド、ポルトガル、スロバキア、フィンランド、スウェーデン) イタリア文化会館/(社)日本児童演劇協会/(社)国際演劇協会(ITI/UNESCO)日本センター/アシデジ日本センター/日本ウニマ/日本児童・青少年劇団共同組合/東京都/教育委員会(千代田区、中央区、港区、新宿区、文京区、品川区、目黒区、世田谷区、渋谷区、中野区、杉並区、豊島区、武蔵野市、三鷹市、小金井市、小平市、西東京市)他

構成委員 「EU-TAC2005」

委員長
内木 文英
(社)日本児童演劇協会会長
学校法人 東海大学理事
全国高等学校演劇協議会名誉会長
ASSITEJ日本センター理事
事務局長・
総合プロデューサー
山崎 靖明
(株)劇団影法師代表
(社)日本児童演劇協会理事
ASSITEJ日本センター理事
APPN-JAPAN理事長
チーフプロデューサー
大野 幸則
(株)ともしび代表
日本児童・青少年演劇劇団共同組合理事長
ASSITEJ日本センター副会長
APPN-JAPAN理事
プログラム・アドバイザー
小林 由利子
川村学園女子大学教育学部幼児教育学科教授
ASSITEJ日本センター世界理事
プロジェクト・マネージャー
鈴村 崇
(株)笑う猫 国際室制作
実行委員
石川 嘉輝
(有)人形劇団ひとみ座
APPN-JAPAN理事
小川 信夫
現代教育文化研究所所長
玉川大学演劇講師
(社)日本児童演劇協会理事
奥村 達夫
劇作・演出家
上保 節子
劇団たんぽぽ事務局長
(社)日本児童演劇協会理事
(社)教育演劇研究協会事務局長
ASSITEJ日本センター理事
APPN-JAPAN理事
幸喜 良秀
沖縄芝居実験劇場 演出家
砂岡 誠
(株)劇団ひまわり 制作局長
APPN-JAPAN理事
高柴 秀樹
ともしび音楽企画代表
(特)日本青少年音楽芸能協会 事務局長
土屋 友紀子
(株)オールスタッフ 制作
(特)日本青少年音楽芸能協会 理事
APPN-JAPAN理事
中坪 真
日本伝統芸能を守る会(株)ナカシン代表
町永 義男
(株)劇団ポプラ代表
ASSITEJ日本センター理事
実行委員会
事務局
〒180-0012
東京都武蔵野市緑町2-1-5
Tel: 0422-41-8952 Fax: 0422-41-8954
広報担当: 甲田 徹、チケット担当: 佐藤 友布貴

ページトップへ戻る