セルバンティーノ国際芸術祭 2005 ジャパンファウンデーションの主催および助成事業

セルバンティーノ国際芸術祭2005

セルバンティーノ国際芸術祭2005 第33回フェスティバル

公演事業

主催事業

(1)維新派
10月6日(木)~10月8日(土) 会場:Auditorio del Estado
現代演劇。1970年に日本維新派として大阪で結成されて以来、主宰の松本雄吉を軸として常に「演劇」という枠では語りきれない演劇的活動を続けてきた集団による新作公演。

(2)笠井叡
10月10日(月)、11日(火) 会場:Teatro Cervantes
ワークショップ:10月12日(水)
舞踏。1960年代の舞踏の創世記を築いた舞踏家・笠井叡による公演。作品『花粉革命』は、2004年の全米8都市ツアーで上演され、大成功をおさめた。

国際共同製作事業

(1)オペラ「夕鶴」
9月28日(水)、29日(木) 会場:ホセ・ペオン・コントラレス劇場
10月5日(水)、6日(木) 会場:Teatro Juarez
日本オペラの金字塔「夕鶴」を日墨両国の共同制作により上演。日本人バイオリニスト黒沼ユリ子氏の呼びかけにより実現したもの。

助成事業

(1)Rin'
10月9日(日) 会場:Leon/ Teatro Manuel Doblado
10月11日(火) 会場:Teatro Juarez
10月13日(木) 会場:メリダ/ 会場未定
日本古来の和楽器(筝、尺八、琵琶、地唄三弦)の音色と、現代楽器(ドラム、ベース)、デジタルサウンドによる斬新な音楽。

(2)Gocoo
10月19日(水) 会場:Metepec
10月21日(金) 会場:Guanajuato/ Esplanada de la Alondiga de Granaditas
10月22日(土) 会場:Leon
10月23日(日) 会場:Atizapan
10月25日(火) 会場:Morelia
10月27日(木) 会場:Mexico City/ National Autonomous University of Mexico
10月29日(土) 会場:Campeche
和太鼓。1998年の結成以来、若い世代がロック・コンサートのように一体感を感じて楽しむことのできる新しいスタイルの和太鼓音楽を披露している。

(3)Miyazawa sick band
10月16日(日) 会場:Guanajuato/ Esplanada de la Alhondiga de Granaditas
ロック音楽。世界中で愛されるようになった「島唄」を歌うグループ”The Boom”の宮沢和史が海外ライブのために結成したロックバンド。(日中米交流年事業)

展示事業

(1)「現代日本のデザイン100選」展
10月5日(水)~23日(日) 会場:Auditorio del Estado de Guanajuato
主として1990年代末から現在までの間に登場した、日用品を中心とした現代デザインの秀作から約100点を選んで展示。ジャパンファウンデーション本部が制作した海外巡回展。

(2)「現代日本のポスター」展
10月5日(水)~23日(日) 会場:グアナファト大学、Patio de la Facultad de Derecho
国際的にも高い評価を得ている日本のグラフィックデザイナーである田中一光、福田繁雄、中村誠、佐藤卓、松永真のポスターを展示。ジャパンファウンデーショントロント日本文化センター所蔵の作品。

(3)「横尾忠則」展
10月5日(水)~23日(日) 会場:Casa de la Cultura de Guanajuato
横尾忠則が制作したポスターを展示。ジャパンファウンデーショントロント日本文化センターおよびメキシコポスタービエンナーレ所蔵の作品。

(4)「日本の現代建築1985-1996」展
10月5日(水)~27日(木) 会場:グアナファト大学
1980年代から90年代にかけて竣工した日本の建築作品から100点を選び、写真パネルにより紹介する。ジャパンファウンデーション本部が制作した海外巡回展。

(5)「京都写真」展
10月5日(水)~23日(日) 会場:グアナファト大学、Sala del Atrio
写真家の高崎勝二が撮影した京都をテーマとした写真展。JR東海のキャンペーンにも利用された作品。ジャパンファウンデーションメキシコ日本文化センター所蔵作品。

参考:
これまでに芸術祭に参加した主な日本の舞台芸術グループ(全てジャパンファウンデーション主催または助成)

1993年(第21回) 白虎舎(舞踏)
1997年(第25回) 山海塾(舞踏)
2002年(第30回) 文楽、江戸糸あやつり人形
2003年(第31回) パパ・タラフマラ(コンテンポラリー・ダンス)
2004年(第32回) 和太鼓グループ「倭」

ページトップへ戻る