日本・トルコ共同制作現代音楽公演 Sound Migration

日本・トルコ共同制作現代音楽公演 Sound Migration

日本公演のお知らせ

日本・トルコ共同制作現代音楽公演 日本公演 が決定しました。

<日本⇔トルコ:わたりゆく音> Sound Migration

東京公演:2011年2月12日 土曜日 午後7時30分(青山・スパイラルホール)
横浜公演:2011年2月14日 月曜日 午後7時30分(神奈川県民ホール・小ホール)
※開場は30分前。
チケット:前売り・予約 2,500円、当日3,000円 (全席自由)
予約・申し込み:
【東京公演】
http://www.parc-jc.org
http://store.spiral.co.jp/
【横浜公演】
チケットかながわ 045-662-8866 (10時から18時)

国際交流基金(ジャパンファウンデーション)では、日本とトルコのコラボレーションによる現代音楽プロジェクト“Sound Migration”を実施します。5人の音楽家・パフォーマーがトルコのイスタンブールで共同創作し、同地とイズミル、さらにカイロとブダペストに巡演します。イスタンブール公演は「イスタンブール国際コンテンポラリーダンス・パフォーマンス・フェスティバル(iDANS)」のオープニング・コンサートとして実施され、また、イスタンブールとイズミル公演は「2010年トルコにおける日本年」参加事業です。

両国から集まるのは、パンクロックから演劇作品までを縦断する異才の作曲家、国広和毅。カザフ系トルコ人ボーカリストのサーデト・テュルキョズ。日本人コントラバス奏者の河崎純。トルコ人即興ギタリストのイブラヒム・アクンジュ。日本人女優・パフォーマーの美加理。5人はそれぞれがソロ奏者として極めて強い(intensive)音、強い身体を備え、その強さに裏打ちされた独自の世界を構築していることから選ばれました。

テュルキョズの、中央アジアの語り物とジャズ的即興が混交したような強烈な個性は、両親が東トルキスタンから政治難民として実に十数年をかけてトルコに辿り着いた、そのことと無縁ではありません。一方、河崎とアクンジュが即興という手段を通して自己と他者の関係性を追う様には、国の違いは意味を成さないでしょう。そして美加理は、観る者の想像力を掻き立てる独自の表現によって、音と身体の従属関係を開放していくことでしょう。バックグラウンドのまったく異なる5人の共同作業のプロセスで生まれるであろう調和と、意図的に残存させる異質性。その微妙なバランスの中で全体を構成するのは、国際共同制作演劇や歌舞伎の音楽で確かな構成力を示す国広です。

調和と異質こそが新しい音楽を生み出す力であると、このプロジェクトは信じます。

作品はイスタンブールでの3週間の共同作業で創り上げていきます。全体は8つのシーンで構成されます。これらのシーンは共同作業のプロセスで自由にマイグレートし (“渡り”) 、変容を繰り返して、やがて刺激的な音世界に結実していくでしょう。それはまた、地球規模で人々の ‹渡り› が起こっている ‹いま› という瞬間を切り取る、ひとつの創造的な行為でもあります。

公演日程: 2010年10月1日 金曜日 から 10月7日 木曜日

イスタンブール
「イスタンブール国際コンテンポラリーダンス・パフォーマンス・フェスティバル(iDANS)」オープニング・コンサート
日時: 2010年10月1日 金曜日
会場: ガラジイスタンブル
共同制作: ジャパンファウンデーション、iDANS
問い合わせ: iDANS (90-212-244-8933)
イズミル
日時: 2010年10月3日 日曜日
会場: アフメド・アドナン・サイグン芸術センター 小ホール
主催: ジャパンファウンデーション、在イスタンブール日本総領事館、アフメド・アドナン・サイグン芸術センター
問い合わせ: 在イスタンブール日本国総領事館 (90-212-317-4600)
カイロ
日時: 2010年10月5日 火曜日
会場: カイロ・オペラハウス 小ホール
主催: ジャパンファウンデーション、カイロ・オペラハウス
問い合わせ: カイロ日本文化センター (20-2-2794-9431)
ブダペスト
日時: 2010年10月7日 木曜日
会場: ドゥナ・パロタ
主催: ジャパンファウンデーション
問い合わせ: ブダペスト日本文化センター (36-1-214-0775)

出演者プロフィール

国広 和毅 (日本)

国広 和毅

作曲家、ボーカリスト、ギタリスト。ミクスチャーバンド ‹ダた› と、パンクバンド ‹Aujourd’hui il fait beau › を主宰する一方、邦楽、演劇・ダンスなどの舞台音楽まで、様々なジャンルをしなやかに行き交う自由な音楽性、イメージを飛翔させる歌詞、高い演奏技術と存在感溢れる舞台姿で注目される異才の音楽家。舞台音楽では確かな構成力を発揮し、4ヵ国コラボレーション演劇作品「演じる女たち―ギリシャ悲劇からの断章」(2007)、コクーン歌舞伎「佐倉義民傳」(2010、串田和美演出)など、注目作品多数。

サーデト・テュルキョズ (トルコ)

公式Webサイト(演奏試聴可能)

サーデト・テュルキョズ

即興ボーカリスト。東トルキスタン(ウイグル自治区)から政治難民としてイスタンブールに辿り着いたカザフ系の両親の下に生まれ、幼い頃に同地のカザフ・コミュニティーの長老たちから学んだ中央アジアの豊かな語り物の伝統と、日常聞こえてくるコーランの響きと自由な節回しが、後のスタイルの原点となる。20歳でスイスのチューリッヒに移り住み、そこでフリージャズや即興音楽に出会い、それらが自身の音楽的ルーツに塗り重なって、今の独自のスタイルに至る。現在、チューリッヒを拠点に、ソロ活動、および、Elliot Sharp (ギター/サックス, 米国), Fred Frith (マルチ, 米国), Nils Wogram (トロンボーン/独), Koch-Schuetz-Studer Trio (スイス)など、世界各国の音楽家たちと共演。日本の音楽家では、琴の八木美千代、ボイス・パフォーマンスの巻上公一など。

河崎 純 (日本)

公式Webサイト

河崎 純

コントラバス奏者、作曲家。ソロ演奏のほか、国広和毅率いるダたとAujourd’hui il fait beau、即興音楽集団・Exias-Jなどで活躍。Exias-Jとはロシア、リトアニア、米国などをツァーし、また、国際交流基金の現代邦楽公演(ロシア、ウクライナ他)にも参加。ダンス、演劇、詩の朗読など様々なジャンルとのコラボレーションにも積極的に取り組み、西川千麗構成・振付「よだかの星」(ポーランド公演)、同「カミュ・クローデル」(パリほかで公演)など。言葉に強い関心を抱き、2006年以来、セミナー・シリーズ「詩の通路」を主宰している。
Youtubeに演奏映像多数。

シェヴケト・アクンジュ (トルコ)

シェヴケト・アクンジュ

ギタリスト、作曲家、即興演奏家。ジャズから前衛音楽、パンク、トルコ伝統音楽など、様々なプロジェクトに参加。 バークリー音楽院(演奏専攻)を卒業した後、自身のアルバム、および様々なミュージシャンたちのアルバムに参加。
また、多くのグループに参加し、2005年以来、コルハン・エレル率いるIslak Kopek(濡れ犬)という即興グループに参加。イスタンブールの即興音楽シーンをリードする。

Lê Quan Ninh (パーカッショ、フランス)、 Eugene Chadbourne (ギター・バンジョー/米国) 、Sussan Deyhim (ボーカル/イラン・米国), Luc Ex (ギター/オランダ)など、トルコ内外の多くの即興音楽家たちとの共演を展開する。
フリージャズと即興音楽のラジオ番組を持つほか、映画、ダンス、演劇などの作曲も手がける。
ホームページhttp://www.myspace.com/sevketakinciで演奏試聴可能。

美加理 (日本)

美加理

女優、パフォーマー。故・寺山修二作・演出の「青ひげ公の城」で舞台デビューし、小劇場で活躍した後、演出家・宮城聡とともにク・ナウカの設立に参加。ク・ナウカは、主要な登場人物を、語る俳優と動く俳優の2人で演じるというユニークなスタイルと、場を変容させる空間の使い方で独特の美学を確立し、美加理は「メディア」、「天守物語」、「マハーバーラタ」、「オセロ」、「トリスタンとイゾルデ」などの全作品で主演、海外ツァー多数。その極度に集中した演技と強い身体表現は高い評価を集め、客演にSCOT「エレクトラ」、「サド公爵夫人」など。
2007年にク・ナウカが休止を決めたのに伴い、本格的にソロ活動を開始。音楽家・種田郷とのダンス・パフォーマンス「生のものと火を通したもの/闇の碧」、舞踏の笠井叡との「歌行灯」、インドの劇団Roots & Wingsとの「エレファント・プロジェクト」などがある。

ク・ナウカのホームページは http://www.kunauka.or.jp/
「オセロ」は http://web.mit.edu/shakespeare/asia/collections/catalogue2.htmlで試聴可能。

音響: 仙浪 昌弥
照明: 桑原倉 一郎
舞台監督: 白澤 吉利
制作: 畠 由紀(国際交流基金(ジャパンファウンデーション))

お問い合わせ

国際交流基金(ジャパンファウンデーション) 
文化事業部 舞台芸術チーム
担当: 畠 由紀
Tel. 03-5369-6063 Fax. 03-5369-6038 E-mail

ページトップへ戻る