日本の若手女性建築家・大西麻貴 南米で東日本大震災以降の建築家の活動を紹介

こどものみんなの家の写真
宮城県東松島市の仮設住宅の敷地内に建設された
「こどものみんなの家」
(伊東豊雄氏との共同設計、2013)

国際交流基金(ジャパンファウンデーション)は、チリ(サンチャゴ)、ボリビア(ラパス)で、3月5日から3月8日にかけて、学生時代より数々の賞を受賞するなど、いまもっとも注目を集める若手建築家のひとり、大西麻貴による日本の建築に関する講演会を開催します。
日本の建築の特徴や魅力、まちづくりのあり方、東日本大震災以降の建築家の活動等を自身の活動を交えて紹介し、日本の自然風土に根ざした建築とその文化的背景について、各国での理解が期待されます。

* 当初はベネズエラ(カラカス)でも実施予定でしたが、事業予定日が、チャベス大統領の逝去に伴う同国の服喪期間にあたるため、中止となりました。

実施日程:2013年3月5日(火曜日)から3月8日(金曜日)

■ チリ(サンチャゴ)

日時:3月5日(火曜日)午後
会場:サンセバスティアン大学建築学部講堂

日時:3月5日(火曜日)夜
会場: ガブリエラ・ミストラル・センター

■ ボリビア(ラパス)

日時:3月7日(木曜日)、8日(金曜日)
会場:国立民族博物館講演会場

専門家プロフィール

大西 麻貴(おおにし まき)

大西 麻貴

1983年愛知生まれ。東京大学大学院工学系研究科建築学専攻修士課程終了。2008年より大西麻貴+百田有希/o+h 共同主宰。
主な作品に「二重螺旋家」(2011)、「東松島こどものみんなの家」(伊東豊雄氏との共同設計、2013)。現在、日本の人気建築家8名とチリの建築家8名による別荘地建設プロ ジェクトに参加し、チリでも活躍している。

【お問い合わせ】

国際交流基金(ジャパンファウンデーション)
文化事業部米州チーム 担当 川戸
〒160-0004 東京都新宿区四谷4-4-1
Tel: 03-5369-6061

ページトップへ戻る