アフリカ美術専門家グループ招へい

こちらの事業は、旧機構時のものです。
お問い合わせは、E-mail までご連絡ください。


アフリカ美術専門家グループ招へい


 国際交流基金では、アフリカ諸国と日本の美術分野での交流促進に寄与するため、11月1日(木)から14日(水)の日程で、英語圏アフリカ8カ国(ウガンダ、エチオピア、ガーナ、ジンバブエ、タンザニア、ナイジェリア、南アフリカ共和国)より11名の美術専門家を招へい致します。
 本年1月、森総理(当時)のアフリカ訪問の際、南アフリカにて行なわれた政策スピーチの中で、アフリカ諸国と日本の芸術家、美術家、劇場関係者等の計画的交流の促進が言及されましたが、本事業は、そのフォローアップの一環として行なわれるものです。
 一行は、東京、広島、神戸、大阪、京都にて、美術館、博物館、美術大学等を訪問する他、11月3日(土)には東京にて公開シンポジウム、11月10日(土)には大阪にて公開ワークショップに参加致します。


関連Webサイト外務省Webサイト『「シンポジウム・アフリカ2001」の開催』

また、「シンポジウム・アフリカ2001」のパンフレットをPDF形式でご覧いただけます。
下記のリンクよりダウンロードしてください。

「シンポジウム・アフリカ2001」パンフレット【PDF:2.15MB】
(Windows機をご利用の方は、「右クリック」→「対象をファイルに保存」で一度パソコン上にダウンロードしてから、ご覧ください)


PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Reader(無償)が必要です。
Adobe ReaderダウンロードページGet ADOBE READERよりダウンロードできます。

ページトップへ戻る