日本の食文化とうつわ

こちらの事業は、旧機構時のものです。
お問い合わせは、E-mailまでご連絡ください。


 食べることと食べる道具、すなわち食器とは不可分な関係にあります。我が国 ではそれらはどのように変わってきたのか。ヴィクトリア・アルバート美術館の フォークナー氏が来日し、瀬戸と美濃の陶器を中心に1550年~1650年のうつわの 変遷を研究します。

ページトップへ戻る