インドネシア・日本友好祭'97

こちらの事業は、旧機構時のものです。
お問い合わせは、E-mail までご連絡ください。

1995年10月に、インドネシア独立50周年を記念してジャカルタで開催された日本・インドネシア友好祭に引き続き、この8月から9月にかけて、東京を中心にインドネシア・日本友好祭が開催されます。日本とインドネシア両国の文化交流を通じて、国民同士の相互理解が深まるよう、インドネシア各地の舞踊・音楽の公演、絵画や更紗の展示、インドネシアの文化に関するセミナーや公開講座など様々なイベントが実施される予定です。
 国際交流基金アジアセンター国内事業課では、同インドネシア・日本友好祭のプログラムとして、インドネシア現代絵画展(会期:1997年8月24日(日)~9月7日(日))とジャワ更紗展(9月13日(土)~21日(日))(ともに会場:国際交流フォーラム、入場料無料)を開催いたします。

 インドネシア現代絵画展は、1970年代以降に隆盛となったインドネシア独特のリアリズム絵画の現在をご紹介します。当時、インドネシア絵画の大勢を占めていた形式主義や抽象主義、装飾主義が現実の問題に目を向けないことに不満を感じた若い芸術家たちは、巷に溢れ始めた大衆文化や広告のイメージを緻密な写真を用いてコラージュすることで、インドネシアの現実に近づこうとしました。こうした動きはそれまでのインドネシア絵画に大きな転機を与え、ユ70年代以降のインドネシア絵画の主流となりました。
 まるで写真のように緻密で丹念な写実のテクニックを用いて描かれた独特のリアリズム絵画は、急激な変貌を遂げたインドネシアの若々しく新しい息吹を感じさせてくれることでしょう。
 また、ジャワ更紗展では、世界的に著名なバティック・コレクターである竹内葉氏が所蔵する膨大なバティック・コレクションから、約300点を厳選して公開します。その他に、来館者がバティックのデザインを通じてジャワの繊細な文化を理解できるように、制作道具、染料とともに制作過程も展示します。また竹内氏自身による講演とスライド上映も行ないます。
 上記展覧会についてのお問い合わせは、国際交流基金アジアセンター国内事業課へお願いいたします。

 インドネシア・日本友好祭のその他のプログラムに関するお問い合わせは、下記へお願いいたします。

インドネシア・日本友好祭ユ97事務局
〒140 品川区上大崎3-14-15 インドネシア大使館アネックスビル1階
Tel:03-5448-9077 Fax:03-5448-9078

ページトップへ戻る