沖縄国際シンポジウム「21世紀の知的、文化的国際貢献の可能性

こちらの事業は、旧機構時のものです。
お問い合わせは、E-mail までご連絡ください。

 国際交流基金は、沖縄県との共催により、来る11月26日沖縄県那覇市にて沖縄国際シンポジウム「21世紀の知的、文化的国際貢献の可能性」を開催します。「平和」「共生」「自立」の基本理念のもと、21世紀に向けた国際都市形成を進める沖縄が、一国のみで解決しえないアジア共通課題解決のために、知的、文化的側面からいかなる貢献をなしうるのか、アジア・太平洋地域の有識者を招き、議論を行ないます。我部政明氏(琉球大学教授)と濱下武志氏(東京大学東洋文化研究所所長)が共同監修にあたります。

1.開催日 :
平成9年11月26日(水) 14:00~18:00
2.会場 :
かりゆしアーバンリゾート那覇、ニライカナイコンベンションホール
3.司会 :
我部政明(琉球大学教授)
4.使用言語 :
日本語および英語(同時通訳付き)
5.プログラム :
第1部「アジア太平洋が直面する課題」
1)「持続可能な開発と環境保全」
    ジョセフ・タン(シンガポール東南アジア研究所研究員)
2)「アジア太平洋の近代化と文化の多様性」
    ピーター・ガイトナー(コンサルタント、フォード財団前アジア部長)
3)「変動する中国社会がアジア太平洋に与える影響」
    沈明明(北京大学国情研究センター副所長)

第2部「国際貢献--沖縄からの視点」
1)「海洋アジアと沖縄」
    濱下武志(東京大学東洋文化研究所所長)
2)「アジア太平洋に共鳴する沖縄文化」
    大城立裕(作家)
3)「開発と女性:沖縄の視点から」
    内海恵美子(雇用開発推進機構理事)
4)「沖縄、東南アジア、米国の知的ネットワーク作り」
    バクティアル・アラム(インドネシア大学日本研究センター副所長)
5)パネル・ディスカッション
6)総括討議および会場との質疑応答
6.お問い合わせ:
(財)国際文化交流推進協会(エース・ジャパン) 担当:佐原
107 東京都港区赤坂2-17-22 赤坂ツインタワー1階
Tel:03-5562-4422 Fax:03-5562-4423

ページトップへ戻る