平成29年度東南アジア近現代建築保存「モダンライフと都市-日本と東南アジアの近現代建築」国際会議の開催について

2015年11月に発足したmASEANa Project 2015~2020 は、国際交流基金(ジャパンファウンデーション)とDOCOMOMO Japanが共同で実施する、東南アジアの近現代建築を日本と現地の人々で考える国際プロジェクトです。今回、第5回国際会議をフランク・ロイド・ライト設計の自由学園明日館にて開催いたします。
今回のテーマ「モダンライフと都市:日本と東南アジアの近現代建築」は、ジャカルタで開催された第4回国際会議の内容を引き継ぐもの。今回、日本、タイ、インドネシア、フィリピン等の専門家が、住宅や商業建築だけでなく、スポーツ施設が、都市やひとびとの生活にどのような影響を及ぼしたかを報告、議論します。

概要

期間 2018年3月11日(日曜日)13時~18時20分
場所 自由学園明日館 ※入場無料、予約不要
東京都豊島区西池袋2-31-3
池袋駅メトロポリタン口より徒歩5分
使用言語 日本語、英語(同時通訳)
実施体制 主催:一般社団法人DOCOMOMO Japan
共催:独立行政法人国際交流基金
協賛:前田建設工業株式会社
後援:DOCOMOMO InternationalICOMOS ISC20cmAAN
助成:公益財団法人トヨタ財団

会議スケジュール

(1)挨拶・基調講演

司会:頴原 澄子(DOCOMOMO Japan/千葉大学)

13時~13時20分
ご挨拶
松隈 洋(ドコモモジャパン代表、京都工芸繊維大学)
村田 暁彦(国際交流基金文化事業部長)
13時20分~13時35分
趣旨説明 mASEANa Project とは?
山名 善之(東京理科大学)
13時35分~13時55分
基調講演1「フレドリックシラバンとモダンリビング」
Setiadi Sopandi(ペリタハラパン大学)
13時55分~14時15分
ジャカルタ会議の報告
Nadia RinandiPDA)・林 憲吾(東京大学生産技術研究所) 
14時15分~14時35分
ヤンゴンとジャカルタのインベントリー
首代 圭吾(東京理科大学山名研究室)・穴水 宏明(東京大学村松研究室)

(2)第1セッション 『住まいとモダンライフ』

モデレーター:岡村 健太郎(東京大学生産技術研究所)

14時35分~15時
「日本の建築家と住宅デザイン 1945-2017」
塚本 由晴(東京工業大学)
15時~15時25分
「日本における集合住宅とモダンライフ」
大月 敏雄(東京大学)
15時25分~15時50分
「タイにおけるモダン住宅」
Pirasri Povatong(チュラロンコン大学)
15時50分~16時10分 討議

(3)第2セッション 『スポーツ施設とモダンライフ』

モデレーター:平井 充(メグロ建築研究所・DOCOMOMO Japan

16時10分~16時35分
「マニラ、リサール・メモリアル・スタジアムの建築と歴史」
Gabriel CaballeroICOMOS Philippines) 
16時35分~17時
「プノンペン1964:新興国競技大会と都市・建築」
岩元 真明(九州大学)
17時~17時25分
「戦後日本のモダンライフの変容:ワシントンハイツ・東京五輪・代々木体育館」
豊川 斎赫(千葉大学)
17時25分~17時45分 討議

(4)まとめ

17時45分~18時20分
まとめとmASEANa projectの今後
村松 伸(東京大学生産技術研究所)
バンコク会議のプレゼンテーション
Pongkwan LassusICOMOS Thailand)・ Pirasri Povatong(チュラロンコン大学)
18時20分~19時10分
自由学園説明・見学
福田 竜(自由学園)
19時10分~20時30分 レセプション@自由学園食堂

[お問い合わせ]

国際交流基金(ジャパンファウンデーション)
文化事業部 事業第1チーム
担当:二子、末吉
電話:03-5369-6061 ファックス:03-5369-6038
Eメール: Noboru_Futako@jpf.go.jp、Sae_Sueyoshi@jpf.go.jp
(メールを送る際は、全角@マークを半角@マークに変更してください。)

ページトップへ戻る