裏千家 茶道講演会・デモンストレーション
「樂―茶碗の中の宇宙展」開催記念特別事業

茶道の様子

国際交流基金(ジャパンファウンデーション)は、ロシアが世界に誇るエルミタージュ美術館とプーシキン美術館での「樂-茶碗の中の宇宙」展の開催にあわせ、特別関連事業として裏千家による茶道紹介プログラムを実施します。

常に茶の湯との強い結びつきの中で焼き継がれてきた樂歴代。樂焼陶芸は、茶の湯文化無くしてはありえません。今回は裏千家第16代家元千宗室氏がモスクワ・プーシキン美術館へ、裏千家今日庵理事千万紀子氏がサンクトペテルブルク・エルミタージュ美術館へ赴き、講演と茶道デモンストレーションを通して、綜合芸術としての茶の湯の心と魅力を伝えます。

本プログラムを通してこのたびの展覧会に一層の深みを加えるとともに、日本の美意識および精神世界へのロシアの方々の理解が深まることを期待しています。
「樂-茶碗の中の宇宙」展の詳細は事業ページをご覧ください。

概要

[お問い合わせ]

国際交流基金(ジャパンファウンデーション)
文化事業部 事業第2チーム
担当:大平、杉江
電話:03-5369-6063
Eメール:arts2@jpf.go.jp
(メールを送る際は、全角@マークを半角@マークに変更してください。)

ページトップへ戻る