東アジア大学院生日本研究特別招へいプログラム

国際交流基金(ジャパンファウンデーション)では、「21世紀東アジア青少年大交流計画Japan-East Asia Network of Exchange for Students and Youths (JENESYS) Programme」(外務省Webサイト)

2011年度の様子の写真
2011年度の様子

の一環にて、「東アジア大学院生日本研究特別招へいプログラム」を実施しています。
これは、アジア・大洋州地域で日本研究(東アジア研究を含む)を専攻しており、今後の活躍が期待される大学院生を招へいし、日本についての講義及び視察等を通して総合的な知識を身につけながら、自らの研究興味分野について理解を深化させ、日本への知的関心を喚起する機会を提供するものです。また、各国および日本国内からの参加者とのディスカッション、成果発表などのグループ活動を通して参加者のプレゼンテーション能力やリーダーシップ能力、参加者間の相互理解、東アジアコミュニティとしてのアイデンティティ、及び若手研究者候補の緊密なネットワークを育成することを目指します。

日本人参加者(大学院生)募集

来日する大学院生と交流し、その研究活動や生活をサポートしてくださる日本人参加者を以下のとおり募集します。詳細は募集ページをご覧ください。
<応募締切日:平成24(2012)年3月16日 金曜日 正午>

実施プログラム

平成24(2012)年度
実施期間: 2012年5月16日 水曜日 から 6月27日 水曜日 (43日間)
実施場所: 東京都、京都及び広島(視察)
参加者: ASEAN10カ国、インド、オーストラリア、ニュージーランドから各国1~2名の大学院生 計20名(予定)
スケジュール: 5月16日 来日
5月17日 オリエンテーション・歓迎夕食会
5月18日から5月21日 広島及び京都視察(市役所表敬、文化体験等)
5月23日から5月29日 日本理解講座 於:上智大学(海外参加者のみ)
5月30日から6月22日 個人研究期間
6月25日 成果発表会
6月26日 歓送夕食会
6月27日 帰国

ページトップへ戻る