KAKEHASHIプロジェクト /若手クリエーター(閑歳孝子、坂巻匡彦、太刀川英輔、塚原文奈、成瀬友梨)

2014年4月実施の派遣事業(デザイン)

若手クリエーター(閑歳孝子、坂巻匡彦、太刀川英輔、塚原文奈、成瀬友梨)

日程:2014年4月27日~5月4日
参加人数:5名

プログラム記録写真

ニューヨーク到着の写真
ニューヨーク到着
 

NYC&Company訪問(企業訪問)の写真
NYC&Company訪問
(企業訪問)

Pratt Institute Mary McBride氏訪問
Pratt Institute
Mary McBride
氏訪問

Antenna Design 宇田川信学氏訪問の写真
Antenna Design
宇田川信学氏訪問

Google 社訪問(企業訪問)の写真
Google 社訪問
(企業訪問)

School of Visual Arts訪問の写真
School of Visual Arts訪問
 

Museum of Modern Art (MoMA) Paola Antonelli氏訪問の写真
Museum of Modern Art (MoMA)
Paola Antonelli
氏訪問

New Museumでのシンポジウムの写真
New Museumでのシンポジウム
 

Two Twelveで若手デザイナーと意見交換の写真
Two Twelveで若手デザイナーと意見交換
 

AIGA NY支部訪問(企業訪問)
AIGA NY支部訪問
(企業訪問)

Kiss Me I'm Polish訪問(企業訪問)の写真
Kiss Me I'm Polish訪問
(企業訪問)

AKQA 稲本零氏 対談
AKQA
稲本零氏 対談

シェアオフィス RUNWAY訪問
シェアオフィス RUNWAY訪問
 

スタンフォード大学 デザイン・スクール訪問
(マスクをデザインするワークショップに参加)の写真
スタンフォード大学 デザイン・スクール訪問
(マスクをデザインするワークショップに参加)

スタンフォード大学 建築学部
John Barton氏 訪問の写真
スタンフォード大学 建築学部
John Barton氏 訪問

ピックアップ プログラム参加者の声

1. 今回の米国での日本の魅力発信を通じて、もっとも印象に残ったこと

  • マーケットの大きさは異なるものの、プロダクトやサービスづくりにおいて、本質的には日本も米国(NY/SF)は差がないという点。Kiss Me I'm Polishのデザインはおそらくそのまま日本でも受け入れられるし、一緒に行ったブラケットのShoes of Preyはどこでプレゼンテーションをしても女性陣からの評判がすごく良く、良質のデザインは垣根なく受け入れられるようになりつつあると実感しました(※まだ全世界の都市部のみかもしれませんが)。
  • シンポジウムでの講演後、とてもたくさんの方からサービスについての興味関心が強く感じられた。日本に興味のある方々がいらっしゃっていたことも一部あるかと思いますが、それにしても、熱心にご質問をいただき、アメリカでも、日本のサービスに「新しい」や、「刺激」を受けてくださる反応があったことを喜ばしく思いました。
    ビジネス全般に関して、アメリカで流行ることが数年後に日本に来る、といわれることが多々あるかと思いますが、見せ方、プロモートの仕方によっては、日本の後にアメリカで流行るということも実現できるのではないかと感じました。

2. 帰国後、地域や業界等で伝えていきたいことについて

  • 現在取り組んでいるクールジャパン推進会議にて、行政とデザインの関係性を考える際に、今回の視察の経験を反映させようと考えている。また今回の渡航を通じて、外交という視点におけるクールジャパンも考えるべきテーマだと感じた。
  • 現地の方とのコミュニケーションだけでなく、ともに行動したほかのメンバーと移動中に多岐に渡りディスカッションしたことも含め、広く新しい視点を持てたことは非常に勉強になり、また具体的に今後に活かせる出来事が多くありました。たとえば建築業界における「新しさ」の定義や注目されている領域、楽器分野における動向・デザイナーとしてのキャリアパスなど、自分の業界に持って帰り意見を反映できるかと考えています。
    さらに現地に住み働く様々な日本人とプログラム内外で会ったことで、自分も含め国外で働く・サービスを作る・影響を与えるということの可能性を、もっと身近に感じられ、実行できるようになればと思いました。

3 . 参加者の感想(自由記述)

  • 旅程やサポート体制も素晴らしかったが、何よりも面白かったのが一緒に渡航したメンバーの多様性と人選であった。今回の旅で一緒に過ごしたメンバーの中でプロジェクトが始まることが、かなり現実的に有り得ると感じている。そこで生まれるプロジェクトが海外に発信する内容であったら、それはまた大変実りのある国際交流になり得るので、プロジェクトが創出されるような人選での渡航支援を、国際交流基金にはこれからも続けていってほしい。
  • 海外でどれくらい自分たちのやっていることが通用するのか見えていなかったのですが、今回様々な場所でプレゼンテーションをさせていただくことができ、米国の方の反応を見ることができて大きな手応えを感じました。今回できたつながりを活かして、海外でも活動していきたいと思います。

ページトップへ戻る