講演会「中国の青少年は何に悩んでいるのか」

今や世界第2位の経済大国となった中国では、若者や子供たちは、実際にどんなことを考え、どんなことに悩みながら暮らしているのでしょうか?

国際交流基金では、中国の青年心理健康分野の代表的研究者である中山大学・李樺副教授を日本にお招きしています。四川大地震後には被災地での心理的ケア活動も展開されている李樺副教授に、来日の所感などを交えながらお話を伺います。

開催概要

日時 2015年1月28日(水曜日)18時30分~20時30分(18時開場)
会場 国際交流基金 JFICホール[さくら] アクセス
東京都新宿区四谷4-4-1
会議言語 日本語・中国語(同時通訳)
参加費 無料/要事前申込み
参加申込方法

1月25日(日曜日)までに、お名前、ご所属、ご連絡先(Eメールアドレス及び電話番号)を明記の上、Eメール:event_asia_oceania@jpf.go.jp(メールを送る際は、全角@マークを半角@マークに変更してください)またはファックス:03-5369-6041でお申し込みください。

(先着順。お申し込みに対する返信は行っておりません。お申し込みが定員に達した場合にのみ、恐縮ですがお断りのメールをお送りさせていただきます。座席に余裕がある限りは、当日のお申し込みも受け付けます)

プロフィール(敬称略)

講演者:李樺(り・か、LI, Hua

李樺氏の写真

中山大学哲学学科副教授。専門分野は教育心理学。中山大学心理健康教育カウンセリングセンターの主任として、中山大学の学生に対する心理健康教育と心理カウンセリングを統括している。
2008年の四川大地震(汶川地震)後は、四川省をたびたび訪問し、「子供と青少年の心理的ケア活動」を展開。
自殺防止活動にも熱心に取り組み、李樺氏が率いる活動によって防止された自殺や他傷行為は、2004年6月から現在までに200人以上にのぼる。
中国教育部(文部科学省に相当)の普通高等教育 大学生心理健康教育専門家指導委員会の委員や、中国心理衛生協会大学生心理カウンセリング専門委員会の委員も務めている。
フランス、ドイツ、台湾、香港、米国、オーストラリア、韓国、ベルギー、ルーマニアなどでの学術交流経験も豊富。
主な著書は、「愛と生の悩み-大学生心理カウンセリング事例研究」(広東人民出版社)、「心の成長」(中山大学出版社)、「もしも太陽が許すなら 学生、学業と生命」(高等教育出版社)など。
今回の来日では、福島県などの被災地も訪問。東京大学 大学院総合文化研究科の阿古智子准教授の受入の下で研究を進めている。

司会:阿古智子(あこ・ともこ)

東京大学 大学院総合文化研究科・教養学部 准教授。
大阪外国語大学外国語学部中国語学科卒、名古屋大学国際開発研究科修士課程修了、香港大学教育学系Ph.D(博士)取得。
在中国日本大使館専門調査員、姫路獨協大学助教授、学習院女子大学准教授、早稲田大学国際教養学部准教授を経て、現職。
専門は現代中国の社会変動。近著に『貧者を喰らう国・増補版』(新潮選書)」。

コメンテーター:植松晃子(うえまつ・あきこ)

ルーテル学院大学 総合人間学部 准教授。
明治学院大学文学部心理学科卒
お茶の水女子大学人間文化研究科博士後期課程単位取得退学
博士(人文科学)
専門は異文化接触時の心理。特にアイデンティティについて研究。
主要論文は、「異文化環境における民族アイデンティティの役割ー集団アイデンティティと自我アイデンティティの関係ー」(2010年、『パーソナリティ研究』)など。

[お問い合わせ]

国際交流基金(ジャパンファウンデーション)
日本研究・知的交流部
アジア・大洋州チーム
担当:安富(やすとみ)、野口
電話:03-5369-6070

ページトップへ戻る