主催事業

日中韓文化交流フォーラム

国際交流基金、中国日本友好協会、韓日文化交流会議が共催で、北東アジア地域における民間主導の文化交流を積極的に推進し、同地域の共同繁栄と発展に寄与することを目的に、2005年から毎年開催しています。

日印交流事業

国際交流基金は、国際文化会館と協力し、日印両国が主軸となり、アジア・太平洋の安定と平和を築くための対話事業を実施しています。

東南アジア・ムスリム知識人グループ招へい

東南アジア諸国と日本の関係強化のために、当該地域の次世代イスラム知識人と目される若手研究者の日本理解の促進と将来に向けたネットワーキングを目的とした訪日研修を実施しています。

インターカルチュラル・シティ / 多文化共生に関する事業

グローバル化の進展により、“多文化共生”は、国際社会において益々重要なテーマとなっています。国際交流基金では “多文化共生” “インターカルチュラル・シティ“、をテーマとしたセミナー・シンポジウム等を実施しています。

アルザス日欧知的交流事業

アルザス・欧州日本学研究所(CEEJA)と国際交流基金は、CEEJAを会場として、日欧の様々な知的交流をともに実施しています。

中東・北アフリカグループ招へい

中東・北アフリカ地域の研究者や実務者等を日本へ招へいし、日本と参加者地域との共通課題、または国際的な課題から設定されたテーマに沿った10日間程度の研修を行ないます。研修参加者は専門家によるセミナーやワークショップ、地方都市への視察旅行、最終報告会等の活動を通じて、見聞を深めてゆきます。

パリ日本文化会館:ジャパンワークショップ

ジャパンワークショップは、国際交流基金の海外拠点のひとつであるパリ日本文化会館が平成26年度より行っている若者育成事業で、日本に関心を持つ優秀なフランスの人材に対し、毎年、日本の産業界の最前線を訪れる機会を提供しています。

ページトップへ戻る