ギニア(2017年度)

日本語教育 国・地域別情報

2015年度日本語教育機関調査結果

 なし

日本語教育の実施状況

全体的状況

沿革

 2013年以降、私立の中学・高校、大学で日本語講座を行う試みも見られたが、2017年11月時点では、ギニアで日本度教育は実施されていない。

教育段階別の状況

初等教育

 日本語教育は実施されていない。

中等教育

 2013年2月、私立マハトマ・ガンジー学園高校(首都コナクリ市)、同年10月には同学園中学校において、日本語講座が開設された。その後閉講し、2017年11月時点では再開されていない。

高等教育

 2013年10月、私立マハトマ・ガンジー学園大学(文学部)にて日本語講座が開設された。その後閉講し、2017年11月時点では再開されていない。

その他教育機関

 日本語教育は実施されていない。

教育制度と外国語教育

教育制度

教育制度

 6-4-3制。初等教育は小学校の6年間、中等教育は前期(中学校)4年間と後期(高等学校)3年間である。これらを修了すると、高等教育機関である大学や教員養成学校、高等専門学校に進む。(2017年11月時点情報)

教育行政

 初等、中等教育は国民教育・識字化推進省、高等教育は高等教育・科学研究省が管轄する。(2017年11月時点情報)

言語事情

 公用語はフランス語。
 現地語は、スースー語、プル語、マリンケ語等。

外国語教育

 以前は高校1年生からの英語教育が義務化されていたが、2013年9月より、中学1年生からの英語教育が各学校にて義務化された。
 大学では英語、アラビア語等が選択可能だが、教員不足のため、希望する学生が全員履修できるわけではない。(2017年時点情報)

日本語教育略史

2013年 私立マハトマ・ガンジー学園(中学校、高校、大学)にて日本語講座を開講(但し、2017年時点では開講されていない)

情報更新についてのお願い

この国の日本語教育に関する情報がありましたらお知らせくださるようお願いいたします。
なお、内容の確認のため、こちらからご連絡する場合もあります。
Eメール: kunibetsu@jpf.go.jp (メールを送る際は、全角@マークを半角@マークに変更してください) Eメールに不都合がある場合は、国際交流基金日本語事業部 企画調整チームまでファックスでご連絡いただいても結構です。(FAX +81-3-5369-6040)

参考文献一覧

ページトップへ戻る