日本語上級専門家・日本語専門家・日本語指導助手・米国若手日本語教員 活動報告会(公募情報についてもご案内します)

ひらけ、とびら!世界の日本語教室から 国際交流基金 日本語専門家 活動報告会のご案内

国際交流基金(ジャパンファウンデーション)では、海外における日本語教育支援の一環として、各国教育省、国際交流基金海外拠点、世界各国の大学等の中核的日本語教育機関に日本語上級専門家・日本語専門家・日本語指導助手(以下、「日本語専門家等」)を、また米国へは若手日本語教員(J-LEAP)を派遣しています。

日本語専門家等は、現地教師の育成、教師間ネットワークの支援、カリキュラム・教材作成に対する助言、実際の日本語教授等を通じて、各国における日本語教育の定着と自立化の促進を目指して幅広く活躍しています。また米国若手日本語教員は米国内の日本語教育支援のため、初中等教育機関でティーチングアシスタントを務めています。こうした海外での活動の成果を多くの皆様に知っていただくために、国際交流基金では毎年、日本語専門家活動報告会を開催しています。

当該国における日本語教育事情、受入機関の現状と問題点などについて最新の情報が得られるまたとない機会ですので、ご関心をお持ちの方はぜひご参加ください(参加資格、条件等は特に設けておりませんので、どなたでもご参加いただけます)。

また当日は、平成30年度派遣予定の日本語専門家等に関する公募情報についてもご案内しますので、応募をお考えの方は足をお運びいただけますと幸いです。


日本語専門家等の活動および派遣先機関概要を紹介しています。

海外に派遣された日本語指導助手のレポートを掲載しています。

J-LEAPのレポートを掲載しています。

[お問い合わせ]

国際交流基金(ジャパンファウンデーション)
日本語事業部 担当:杉崎・曽田
Eメール:jfkouza@jpf.go.jp
(メールを送る際は、全角@マークを半角@マークに変更してください。)

ページトップへ戻る