言語教育評価研究(AELE) 第2号(2011年8月発行)

言語教育評価研究 第2号(2011年8月発行)

 

国際交流基金(ジャパンファウンデーション)は、桜美林大学との学術交流に関する覚書に基づき、2008年4月から言語教育評価共同研究所を設置し、言語教育関連の評価に関する情報収集や共同研究を行っています。主な活動は、言語教育評価に関する公開フォーラムの開催や学術ジャーナルの発行などです。
言語教育評価共同研究所が発行する『言語教育評価研究(AELE)』は、言語教育の評価に関心のある方々のための学術ジャーナルです。
第2号は、広く一般から公募し、編集委員会による審査を経て掲載が決定した「研究論文」3本と「研究ノート」1本、寄稿いただいた「書評」2本、さらに2010年9月に開催した第2回「言語教育評価フォーラム」の報告論文を収録しています。

【目次】

AELE第2号発行にあたって

研究論文
外国語としての日本語(JFL)の語用論的能力に関わる基礎的言語知識― 中国語を母語とする
日本語学習者を例に・・・・・・・・・・・・・・・・・・木山幸子,玉岡賀津雄,趙萍
Can-do statementsの記述に含まれる要素が自己評価に及ぼす影響―「聞く」技能に焦点を当てて
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・入江友理
日本語学習者の語用論的知識テストの開発―語用論的知識の測定はどこまで可能か
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・糸満真之
研究ノート
韓国語を母語とする日本語学習者の語彙知識がオノマトペの習得に与える影響
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・玉岡賀津雄,宮岡弥生,金秀眞,林炫情
書評
『言語テストの作成と評価―あたらしい外国語教育のために』・・・・・・・・斉田智里
Toward useful program evaluation in college foreign language education
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・湯川笑子
実施報告―第2回「言語教育評価フォーラム」
開催要領・プログラム
講演:大規模言語テストの妥当性・有用性検討に関する近年の動向・・・・・・・・澤木泰代
報告:日本語能力試験の新たな取り組み・・・・・・李在鎬,川端一光,矢澤理子,堀川有美
Summaries
投稿規程・執筆要領
編集後記
内容 B5判 84P
価格 1,000円(税抜)
商品コード ISBN 978-4-89358-804-3

【購入先/お問合せ先】

株式会社凡人社
〒102-0093 東京都千代田区平河町1-3-13
TEL:03-3263-3959  FAX:03-3263-3116

ページトップへ戻る