日米グローバル・パートナーシップ強化助成 募集要項

日米センターでは設立30周年を機に、これまでの実績と経験を活かしながら、コロナ禍・コロナ後の国際社会への貢献を目指し、令和4年(2022)度からの新たな事業方針として、以下の3つのテーマ領域を設定しました。
日米センターでは、これらのうちの1つもしくは複数に該当するプロジェクトへの公募助成事業として、「日米グローバル・パートナーシップ強化助成」を令和4年(2022年)度より開始します。

現在、2022年度の公募助成事業を募集中です。締切は2021年12月1日(水曜日)です。

1. 対象となるテーマ領域

(1)レジリエントな社会の構築

自然災害、パンデミック、環境汚染などグローバルな脅威を克服する試み
例:防災、災害復興、パンデミック・感染症対策、公衆衛生、経済復興、環境問題、コミュニティづくりなど

(2)社会的包摂の実現

豊かで活力のある社会の発展に向けた取り組み、分断を解消する取り組み
例:地方活性化、都市問題、少子高齢化、女性の活躍、子供・家族、メンタルヘルス、アートと社会など

(3)科学技術で豊かな社会の実現

科学技術の進展による文化的・社会的な需要をより深く理解し、活かしていく取り組み
例:AI(人工知能)、ロボット、生命倫理、ニューメディア、新しいコミュニケーション、生き方・働き方、教育など

  • 助成事業を通じて、日米両国の緊密な連携による、世界的な共通課題の解決に向けた取り組みと、それに携わる人材の育成を支援します。
  • 助成事業の実施にあたっては、資金提供にとどまらず、助成対象団体の求めに応じて、事業の実施方法や国内外でのカウンターパート探しなど、知見やネットワークに基づいた助言を行います。

2. 申請資格

日米いずれかの国にある、営利を目的としない団体

※日本からの申請の場合は、助成対象とならない団体(国立大学や政府機関等)がありますので、詳細を申請要領(3ページ)でご確認ください。
※米国からの申請の場合は、米国内国歳入法(IRS)の501(c)(3)に定められた資格を有する必要があります。

3. 申請締切

2021年12月1日(水曜日)18時必着

4. 助成対象項目

人件費、旅費、イベント開催経費、資料作成費等

5. 募集要項および申請書類

(1) 募集要項

対象事業、プロジェクトの要件、申請資格、助成対象経費、申請手続き等の詳細は、「日米グローバル・パートナーシップ強化助成申請要領」(ガイドライン)【PDF:914KB】をダウンロードしてご覧ください。

(募集要項の紙媒体での発行・配布は行ないませんので、こちらからダウンロードしてご利用ください。)

(2) 申請書類

  1. 1. 日米グローバル・パートナーシップ強化助成申請書(概要)〔指定用紙〕【Word:2.0MB】
  2. 2. 日米グローバル・パートナーシップ強化助成申請書(事業詳細)〔様式自由:A4版もしくはレターサイズ〕
  3. 3.  プロジェクト収支予算の詳細 〔指定用紙〕 【Excel:35.9KB】
  4. 4. プロジェクト実施日程
  5. 5. 主要参加者・関係者の経歴
  6. 6. 申請団体についての資料

(3) 採用後の手続きについてはこちらをご覧ください。

6. お問い合わせ

問い合わせ先

国際交流基金日米センター 公募助成担当
TEL:03-5369-6072
Email : cgpinfo@jpf.go.jp
(メールを送る際は、全角@マークを半角@マークに変更してください)