本文へ 日米センター(CGP)は日本とアメリカにて、助成、フェローシップ、ボランティア、人物交流、情報発信を行なっています。
国際交流基金 日米センター
CGP NY | 国際交流基金 | English | サイトマップ
トップページ
日米センターとは
公開イベント
団体で助成金をお探しの方へ
公募助成プログラム
申請に関するQ&A
採用後の手続きの流れ
助成事業紹介レポート
助成データベース
個人向け支援・ボランティアの機会をお探しの方へ
CGPの主要事業
情報室(刊行物、寄稿など)
アクセス
お問合せ
FAQ
更新履歴
日米センター公募助成プログラム
CULCON(カルコン) 日米文化教育交流会
日米草の根交流コーディネーター派遣プログラム
メール配信サービス
コラムス
団体で助成金をお探しの方へ

日米センター公募助成プログラム

日米センターでは、日本または米国の非営利団体(大学、研究所、シンクタンク、NPO等)が実施する事業を対象とした公募助成プログラムを実施しています。

平成28年度公募助成の申請受付は終了いたしました。

募集要項ダウンロード 【PDF:840KB】

(平成28年度は募集要項の紙媒体での発行・配布は行ないませんので、こちらからダウンロードしてご利用ください。)

ご質問、ご不明点等は下記連絡先までお問い合わせください。また、過去の助成実績についてはこちら(助成データベース)からご覧になれます。

1. 対象となるプロジェクト

(カテゴリーA) 知的交流分野:政策指向型事業
日米の非営利団体(大学、シンクタンク、NPO等)が共同して実施する取組で、社会科学分野における現代のグローバルな課題解決に向けた日米共同の政策研究/対話プロジェクトを支援します。
(カテゴリーB) 地域・草の根交流分野:対日理解促進/ネットワーク形成型事業
(米国からの申請のみ)
米国の団体が実施する市民レベルの対日理解・日米交流の促進を目的としたネットワーク形成及び組織基盤強化、並びに学校教育課程や地域における対日理解促進事業を支援します。

2. 申請資格

日本または米国の非営利団体(大学、研究所、シンクタンク、NPO等)

※日本からの申請の場合は、助成対象とならない団体(国立大学や政府機関等)がありますので、詳細をガイドライン(5ページ)でご確認ください。

※米国からの申請の場合は、米国内国歳入法(IRS)の501(c)(3)に定められた資格を有する必要があります。

3. 申請締切

2015年12月1日(火曜日)必着

申請をお考えの方は、申請に先立ち、原則として10月1日までにコンセプト・ペーパーのご提出をお願い致します。(10月1日以降も受け付けていますが、なるべくお早めにご提出ください)

コンセプト・ペーパーには、プロジェクトの概要を簡潔にまとめてください(A4用紙で、2〜3枚程度)。その際、基本的には事業名、事業趣旨、事業実施計画、事業により期待される成果、日米の参加予定者、予算計画の概要の情報を含めてください。

コンセプト・ペーパー 提出先メールアドレス: cgpinfo@jpf.go.jp
(メールを送る際は、全角@マークを半角@マークに変更してください)

4. 助成対象項目

国際航空賃、国内交通費、謝金・人件費、宿泊費、会議開催経費等

5. 募集要項および申請書類

(1)募集要項
対象事業、プロジェクトの要件、申請資格、助成対象経費、申請手続き等の詳細は、日米センター一般公募助成事業ガイドライン」(募集要項)【PDF:840KB】 をダウンロードしてご覧ください。
(2)申請書類
(3)採用後の手続きについてはこちらをご覧ください。

6. お問い合わせ

国際交流基金日米センター 公募助成担当
TEL:03-5369-6072

Email:cgpinfo@jpf.go.jp
(メールを送る際は、全角@マークを半角@マークに変更してください)


TOKYO OFFICE
国際交流基金(ジャパンファウンデーション) 日米センター
160-0004 東京都新宿区四谷4-4-1
Tel (03)5369-6072 Fax (03)5369-6042
NEWYORK OFFICE
The Japan Foundation Center for Global Partnership, N.Y.
1700 Broadway, 15F, New York, NY 10019, U.S.A
Tel (212)489-1255 Fax (212)489-1344