本文へ

Home サイトマップ リンク集 US CULCON
日米文化教育交流会議 The United States - Japan Conference on Cultural and Educational Interchange
カルコンとは
合同会議
分科会
教育タスクフォース
美術対話委員会
これまでの活動
関係資料
Japan Foundation: 国際交流基金
国際交流基金日米センター(CGP)
日米文化教育交流会議は、1961年、池田総理とケネディ大統領(共に当時)との合意によって成立。日米両国の政府、学界、財界その他様々な分野の有識者を一堂に集めて両国間の文化・教育交流に関する諸問題を討議し、両国政府並びに社会に対し必要な提言・勧告を行なうことを目的としている。

What's New

2015年4月10日

2015年4月より日本側カルコン委員会は加藤良三新委員長(元駐アメリカ合衆国特命全権大使)の下、新任委員6名を迎え、新体制を発足。新たに2名が顧問として就任。

2015年3月6日

国立公文書館「JFK-その生涯と遺産」展別サイトに移動しますで、カルコンについて紹介されました。(第1回コミュニケ原文、第2回会議写真パネルが掲載されております)

2014年11月18日

「第26回日米文化教育交流会議(カルコン)」がワシントンDCで開催され、共同声明が採択されました。

英文 【PDF:351KB】
2014年11月14日

第26回合同会議の開催について、外務省発表がありました。

2014年5月23日 日米合同テレビ会議の開催について、外務省発表 別サイトに移動しますがありました。
  2014年4月25日 安倍総理とオバマ大統領による日米二国間交流に関する首脳声明 別サイトに移動しますを受けて、委員長共同声明が出されました。
(和文【PDF:9KB】英文【PDF:29KB】
 

2013年11月5日

カルコン美術対話委員会イニシアティブ

「日米美術フォーラム~ミュージアムの未来~」 が開催されました。

  2013年6月13日

カルコン教育タスクフォースの最終報告書を掲載しました。

報告書(和文/英文)【PDF:2.49MB】

  2013年5月16日(木曜日)~17日(金曜日)、「日米文化教育交流会議(The United States-Japan Conference on Cultural and Educational Interchange: 通称カルコン)ラウンドテーブル 及び シンポジウム」が東京で開催されました。
    過去の更新履歴>>

日本側事務局:

国際交流基金日米センター(The Japan Foundation Center for Global Partnership
〒160-0004 東京都新宿区四谷4-4-1
Tel: 03-5369-6072 Fax: 03-5369-6042
E-mail

米国側事務局:

日米友好基金 Japan-US Friendship Commission
1201 15th St. NW, Suite 330
Washington, DC 20005

Tel: (202) 653-9800、Fax: (202) 653-9802
事務局長:Dr. Paige Cottingham-Streater
事務局:Pamela L. Fields
E-mail  Webサイト: http://culcon.jusfc.gov/

ページの先頭へ戻る