パリ日本文化会館・日本友の会とは−平成29年度外務大臣表彰受賞

パリ日本文化会館・日本友の会は、平成29年度外務大臣表彰を受賞いたしました。
表彰式は、7月6日に外務省飯倉公館にて行われ、友の会からは会員を代表して会長の福原義春(当時)が出席し、薗浦健太郎外務副大臣(当時)より表彰状が授与されました。

外務大臣表彰は、多くの方々が国際関係の様々な分野で活躍し、我が国と諸外国との友好親善関係の増進に多大な貢献をしている中で、特に顕著な功績のあった個人および団体について、その功績を称えるとともに、その活動に対する一層の理解と支持を国民各層にお願いすることを目的とされています。この度の友の会の受賞は、長年に亘るパリ日本文化会館の活動支援を通じた、日本とフランスの相互理解の促進という功績が認められたものです。

外務大臣表彰という栄誉にあずかれましたのも、パリ日本文化会館設立の翌年、1998年の日本友の会発足以来、約20年の長きに亘り、会館と友の会を支え続けてくださいました関係各位のご理解とご支援の賜物と、衷心より厚く御礼申し上げます。

岸田外務大臣(右)より表彰状を受け取る冨永会長の写真
授与された表彰状の写真

ページトップへ戻る