本文へ

Home サイトマップ リンク集 US CULCON
日米文化教育交流会議 The United States - Japan Conference on Cultural and Educational Interchange
カルコンとは
合同会議
分科会
教育交流レビュー委員会
日本語教育委員会
美術対話委員会
知的・人的アドホック
運営委員会
これまでの活動
関係資料
Japan Foundation: 国際交流基金
国際交流基金日米センター(CGP)
日米文化教育交流会議は、1961年、池田総理とケネディ大統領(共に当時)との合意によって成立。日米両国の政府、学界、財界その他様々な分野の有識者を一堂に集めて両国間の文化・教育交流に関する諸問題を討議し、両国政府並びに社会に対し必要な提言・勧告を行なうことを目的としている。

What's New

2017年5月9日

カルコン日本側委員長・加藤良三(元駐米大使)氏は瑞宝大綬章を受章し、本日、皇居において親授式が行われました。勲章は、天皇陛下より皇居・松の間において加藤委員長に贈られました。

H.E. Ambassador Ryozo Kato, Japan CULCON Chair, was bestowed upon with the Grand Cordon of the Order of the Sacred Treasure in recognition of his public service by His Majesty the Emperor Akihito at the Imperial Palace Matsu-no-Ma in Tokyo today.

2017年3月14日

カルコン美術対話委員会(Arts Dialogue Committee)は、2020年を迎えるにあたり、全米において「アーツ・ジャパン2020」というキャンペーンを行う予定です。まずは、そのロゴを公募する「ロゴ・デザイン・コンテスト」を行います。賞金は3000米ドル、締め切りは2017年3月29日。
詳細は米側カルコン事務局CULCON US
応募要綱はこちら:英文【PDF:422KB】
和文翻訳【PDF:190KB】

2017年1月4日

人事異動がありました。

2016年11月21日

カルコン美術対話委員会(Art Dialogue Committee)主催公開シンポジウム「世界と日本美術(アート)~2000年以降の動向を中心に」が、12月6日(火曜日)福岡の九州国立博物館にて開催いたします。文化庁にて報道発表が行われました。詳細はこちら別サイトに移動します

2016年7月4日

日米文化教育交流会議(カルコン)第27回日米合同会議についての一部動画を公表しました。

2016年6月17日

日米文化教育交流会議(カルコン)第27回日米合同会議が東京で開催され、結果について外務省発表がありました。
また、ケネディ駐日大使に対し「カルコン名誉委員」の称号が日米カルコン委員長より付与されました。

2016年6月10日

日米文化教育交流会議(カルコン)第27回日米合同会議の開催について、外務省発表がありました。

2015年11月9日

カルコン美術対話委員会(Arts Dialogue Committee)主催公開フォーラム‘Curating Japan in the Olympic Era 1964/2020`が11月20日(金曜日)ワシントンのフリーアギャラリーにて開催されます。フォーラムの詳細はこちら【PDF:575KB】

2015年9月24日

日米文化教育交流会議(カルコン)特別セミナーの開催について、外務省発表がありました。 

2015年4月10日

2015年4月より日本側カルコン委員会は加藤良三新委員長(元駐アメリカ合衆国特命全権大使)の下、新任委員6名を迎え、新体制を発足。新たに2名が顧問として就任。

2015年3月6日

国立公文書館「JFK-その生涯と遺産」展別サイトに移動しますで、カルコンについて紹介されました。(第1回コミュニケ原文、第2回会議写真パネルが掲載されております)

2014年11月18日

「第26回日米文化教育交流会議(カルコン)」がワシントンDCで開催され、共同声明が採択されました。

英文 【PDF:351KB】
2014年11月14日

第26回合同会議の開催について、外務省発表がありました。

2014年5月23日 日米合同テレビ会議の開催について、外務省発表 別サイトに移動しますがありました。
  2014年4月25日 安倍総理とオバマ大統領による日米二国間交流に関する首脳声明 別サイトに移動しますを受けて、委員長共同声明が出されました。
(和文【PDF:9KB】英文【PDF:29KB】
 

2013年11月5日

カルコン美術対話委員会イニシアティブ

「日米美術フォーラム~ミュージアムの未来~」 が開催されました。

  2013年6月13日

カルコン教育タスクフォースの最終報告書を掲載しました。

報告書(和文/英文)【PDF:2.49MB】

  2013年5月16日(木曜日)~17日(金曜日)、「日米文化教育交流会議(The United States-Japan Conference on Cultural and Educational Interchange: 通称カルコン)ラウンドテーブル 及び シンポジウム」が東京で開催されました。
    過去の更新履歴>>

日本側事務局:

国際交流基金日米センター(The Japan Foundation Center for Global Partnership
〒160-0004 東京都新宿区四谷4-16-3
Tel: 03-5369-6072 Fax: 03-5369-6042
E-mail

事務局長(Secretary-General):伊藤 実佐子(Misako Ito)【PDF:141KB】
事務局(Assistant to Secretary-General):宗像 奈名子 (Nanako Munakata

米国側事務局:

日米友好基金 Japan-US Friendship Commission
1201 15th St. NW, Suite 330
Washington, DC 20005

Tel: (202) 653-9800、Fax: (202) 653-9802
事務局長:Dr. Paige Cottingham-Streater
事務局:Pamela L. Fields
E-mail  Webサイト: http://culcon.jusfc.gov/

ページの先頭へ戻る