アジアン・アート・ビエンナーレ・バングラデシュ2014開幕 日本からはChimPomが参加します

Asian Art Biennale Bangladesh 2014

2014年11月13日

出展作家:Chim↑Pom
キュレーター:高橋瑞木

国際交流基金(ジャパンファウンデーション)は、12月1日~12月31日まで、ダッカ市のバングラデシュ・シルパカラ・アカデミーで開催される現代美術の国際展「アジアン・アート・ビエンナーレ・バングラデシュ2014」において、日本公式参加の主催者として日本人作家の作品を紹介します。

「アジアン・アート・ビエンナーレ・バングラデシュ」は、1981年に初回が開催されたアジアで最も歴史ある現代美術の国際展の1つです。第16回目の参加となる今回は、キュレーターに高橋瑞木氏(水戸芸術館現代美術センター主任学芸員)をお迎えして、Chim↑Pomの作品を紹介することが決定しました。Chim↑Pomは今回、家庭用自動掃除ロボットを使った作品《下町のパラドックス》と、日本とバングラデシュの各地を訪れて制作中の新作映像作品《It's the wall world》を出品します。貴社媒体でのご紹介のご検討をどうぞよろしくお願いいたします。

お問い合わせ

主催者・展示に関するお問い合わせ:
国際交流基金 文化事業部アジア大洋州チーム(担当:武田)
電話: 03-5369-6062 / ファックス: 03-5369-6038
広報用画像・取材に関するお問い合わせ:
平昌子(TAIRA MASAKO PRESS OFFICE
電話: 090-1149-1111
Eメール: masakotmpress.jp
(メールを送る際は、全角@マークを半角@マークに変更してください)

関係資料

ページトップへ戻る