創設30周年 2014年度 国際交流基金地球市民賞 受賞団体決定 新たな国際文化交流のあり方を提案する3団体が受賞

2015年2月4日

国際交流基金(ジャパンファウンデーション)は、国際文化交流を通じて、日本と海外の市民同士の結びつきや連携を深め、相互の知恵やアイディア、情報を交換し、ともに考える団体に「国際交流基金地球市民賞」(以下、地球市民賞)を授賞しています。2014年度は、109件の推薦・応募があり、選考の結果、以下3団体を受賞団体と決定いたしました。

2014年度受賞団体

*以下50音順、敬称略。

  • 特定非営利活動法人 アメラジアンスクール・イン・オキナワ (沖縄県宜野湾市)
  • 特定非営利活動法人 なら国際映画祭実行委員会 (奈良県奈良市)
  • 特定非営利活動法人 プラス・アーツ (兵庫県神戸市)

地球市民賞は、1985年度に創設され、今年度で30周年を迎えます。市民交流、文化分野に特化した数少ない賞として、これまでに91の団体を顕彰してきました。この間、市民活動の担い手も増加、インターネットやソーシャルメディアの普及などで、国際文化交流のあり方が多様化し、ソーシャルベンチャーなど、よりグローバルで、地域に限定されない新しいモデルケースの市民活動が見受けられるようになってきています。こうした新しい動向に対応するため、2013年度には各団体による自薦や、公益性の高い国際文化交流活動を実施している社会的企業の応募も可能としつつ、「将来性」や「社会に対する影響力」を選考のポイントに加えた新しい応募ガイドラインを策定しています。

選考にあたっては、訪日外国人の増加や2020年の東京オリンピック・パラリンピックの開催に向けて、社会のさまざまな局面で多言語、多文化対応の必要性が高まっていることや、日本独自の伝統や文化に国内外の注目が集まっており、文化・芸術による地域づくりや各地域の特色を活かした国際文化交流活動が進んでいる背景を踏まえて、推薦・応募団体の活動を評価し、厳正なる選考の結果、上記3団体を受賞団体と決定いたしました。

授賞式は、2015年3月4日(水曜日)に国際交流基金本部(東京都新宿区)で開催され、賞状と副賞200万円が受賞団体に贈られる予定です。

関係資料

[お問い合わせ]

主催者・本事業に関するお問い合わせ:
国際交流基金 コミュニケーションセンター (担当:菅野、宮田)
電話: 03-5369-6075
Eメール: chikyushimin@jpf.go.jp
(メールを送る際は、全角@マークを半角@マークに変更してください)
広報用画像・取材に関するお問い合わせ:
日本パブリックリレーションズ研究所(担当:横田、今井、高野)
電話: 03-5368-0911 / ファックス: 03-5269-2390
Eメール: japanfoundation@japan-pri.jp
(メールを送る際は、全角@マークを半角@マークに変更してください)

ページトップへ戻る