日韓国交正常化50周年記念事業
村上春樹を『観る』&『聴く』in 韓国
韓国で四半世紀前から翻訳出版、韓国人が選ぶ好きな作家として常に上位!

2015年10月20日

国際交流基金(ジャパンファウンデーション)は、日本を代表する作家 村上春樹氏の作品を海外のファンの方々にも様々な形で楽しんで頂く新たな試みとして、「村上春樹を『観る』&『聴く』」と題し、韓国(ソウル)で11月17日~28日にかけて、演劇そして音楽を通じて村上作品に触れる機会を提供します。これは、10月末に開催予定のシンガポールでの開催に続くもので、日韓国交正常化50周年記念事業の一環として開催されます。

『観る』では、蜷川幸雄氏演出の村上春樹作品『海辺のカフカ』が、ロンドン、ニューヨーク、日本、シンガポールと巡回したワールドツアーの最終公演として韓国・ソウルで上演されます。

『聴く』では、音楽評論家の小沼 純一氏監修のもと、村上春樹作品に登場する数々の楽曲と、村上作品の文章を織り交ぜた「オリジナルコンサート」を一から作り上げ、日本と韓国、それぞれの国のアーティストとともに、村上春樹の世界観を音楽にのせてお届けします。

日韓のアーティストによる共同創造を通じて、村上春樹作品、ひいては日本の小説・文学に対する、海外の人々の関心・日本理解が一層深まることが期待されます。是非現地にてご取材いただけますと幸いです。各イベントの詳細、またご取材のご希望につきましてはお問い合わせください。

お問い合わせ

主催者・本事業に関するお問い合わせ
国際交流基金 文化事業部 事業第1チーム (担当:大島)
電話:03-5369-6061 ファックス:03-5369-6038
Eメール:arts1@jpf.go.jp
(メールを送る際は、全角@マークを半角@マークに変更してください。)

取材に関するお問い合わせ:
コミュニケーションセンター(担当:川久保、森)
電話:03-5369-6089 ファックス:03-5369-6044
Eメール:press@jpf.go.jp
(メールを送る際は、全角@マークを半角@マークに変更してください。)

ページトップへ戻る