―日本と東南アジアをつなぐ文化交流事業―
映画・映像専攻学生の交流プログラム 第2弾
公開イベント:映画制作企画プレゼンテーションも実施

2016年2月19日

国際交流基金(ジャパンファウンデーション)アジアセンターは、日本と東南アジアで映像製作や映画理論を学ぶ学生を集め、グループワークを通してアジアで共に生きる者としての共感や共生、そして将来の作品作りの糧となる国際的視野を育むことを目指し、「...and Action! Asia -映画・映像専攻学生交流プログラム-」を2015年より開始しています。

2年目となる本年は、対象地域をインドネシア、タイ、フィリピンに加え、ベトナム、ミャンマーに拡大。各国の大学で映画・映像を専攻する学生計15名が指導教員と共に来日し、映像表現と映画発信について多角的な視野を養う機会として、日本国内の映画関連施設の視察や現役映像制作者による特別講座に参加します。

また本年の目玉として、日本滞在中には、日本と東南アジア5か国の学生が10日間のワークショッププログラムで混成チームを構成し、東京を舞台にした短編映画の企画作成とリサーチを実施。プログラムの後半には、チームごとに作り上げた映画企画を、学生自ら公開プレゼンテーションにて発表し、プロの映画人による講評をうけ、将来的な国際共同製作の可能性を模索します。

お問い合わせ

主催者・本事業に関するお問い合わせ
アジアセンター 事業第1チーム(担当:掛谷、村田、西川)
電話: 03-5369-6140 ファックス : 03-5369-6141

取材に関するお問い合わせ
コミュニケーションセンター(担当:川久保、森)
電話: 03-5369-6089 ファックス:03-5369-6044
Eメール: press@jpf.go.jp
(メールを送る際は、全角@マークを半角@マークに変更してください)

関係資料

ページトップへ戻る