東南アジアの今を知る!東南アジアの短編ドキュメンタリー映画上映会「Visual Documentary Project 2015」

2016年3月1日

国際交流基金(ジャパンファウンデーション)アジアセンターは、京都大学東南アジア研究所と共に、東南アジアと日本の映像作家が制作する短編ドキュメンタリーを募集し、作品上映を通して東南アジア地域の現状を捉え、諸問題の解決へとつなげる試みとして、「Visual Documentary Project」を実施しています。このたび2015年度入選5作品の決定にあわせ、入選作品監督を招き、東京と京都の2会場で上映会を開催します。

2015年は「越境する東南アジア」と題し、人の移動をテーマに東南アジアと日本の12か国から募集し、各国から様々な切り口と視点でテーマに迫る、優れた約50作品が集まりました。上映作品選考には、カンヌ映画祭ある視点部門で監督作品がグランプリを受賞するなど、ドキュメンタリー映画を中心に国際的に高い評価を受けているカンボジアの巨匠・リティ・パン監督も参加し、選考委員による厳正な審査の結果、入選5作品が選ばれました。

上映会では入選5作品の上映にあわせて来日するフレッシュな東南アジアの映画監督たちと、日本映画大学教授の石坂健治氏、山形国際ドキュメンタリー映画祭・東京事務局の若井真木子氏を交えてトーク・ディスカッションを行い、監督たちの制作動機や作品の背景に迫ります。

お問い合わせ

主催者・本事業に関するお問い合わせ
国際交流基金 アジアセンター文化事業第1チーム(担当:滝本、村田)
電話: 03-5369-6140 Eメール: jfac_vdp_info@jpf.go.jp
(メールを送る際は、全角@マークを半角@マークに変更してください)

取材に関するお問い合わせ
コミュニケーションセンター(担当:川久保、森)
電話: 03-5369-6089 ファックス:03-5369-6044
Eメール: press@jpf.go.jp
(メールを送る際は、全角@マークを半角@マークに変更してください)

関係資料

ページトップへ戻る