メキシコ有数の映画祭、日本が初めて特別招待国に決定!グアナファト国際映画祭2016

2016年7月7日

国際交流基金(ジャパンファウンデーション)は、毎年約11万人の来場者を誇るメキシコ有数の映画祭「グアナファト国際映画祭」で、2016年の今年、特別招待(Spotlight)国に初めて日本が選定されたことをうけ、特集映画上映の開催や日本の監督らの派遣に協力します。
本映画祭は、メキシコの文化都市グアナファト市とサンミゲル・デ・アゲンデ市で、世界各国から集まった映画が朝から翌日早朝まで夜通し上映され、ステージイベントや講演会も行われます。特別招待国の日本映画は、約70本が上映される予定です。

この中で、国際交流基金では、大島渚監督や鈴木清順監督の作品など60~70年代の日本映画を特集上映します。また、今回の上映のキュレーター平沢剛氏(映画評論家)を派遣し、上映作品の当時の社会背景や日本映画について詳しく語っていただき、日本映画、そして日本文化へのさらなる理解を深める機会とします。
さらに、アニメソングをブラスアレンジした演奏で人気を集めるブラスユニット「東京ブラススタイル」を、日本のアニメ作品への熱が高まる現地に派遣し、映画祭をさらに盛り上げます。

中南米でこのように大規模の日本映画の特別上映を開催するのは初めてで、映画や特別ステージ、またトークイベントを通じて、現地での日本への関心がさらに高まることを期待しています。

お問い合わせ

主催者・本事業に関するお問い合わせ
国際交流基金 映像事業部(担当:松井)
電話:03-5369-6064
文化事業部 事業第1チーム(担当:泉)
電話:03-5369-6061

本件に関するお問い合わせ
国際交流基金 コミュニケーションセンター (担当:川久保、森)
電話:03-5369-6089 ファックス: 03-5369-6044
Eメール:press@jpf.go.jp
(メールを送る際は、全角@マークを半角@マークに変更してください。)

関係資料

事業ページ

ページトップへ戻る