「遠くて遠い知らない国」から「遠くて近い身近な国」へ中央アジア5か国へ文化交流ミッションを派遣

2016年7月22日

国際交流基金(ジャパンファウンデーション)では、2015年10月の安倍晋三総理大臣による中央アジア諸国歴訪を受け、中央アジアを「重点地域」の一つと位置づけ、この地域との交流深化に力を注ぎ、現在幅広い分野の文化交流事業を集中的に企画・実施しています。

この一環として、嶌信彦 日本ウズベキスタン協会会長を団長とし、様々な分野の専門家・有識者で構成される文化交流使節団「中央アジア文化交流ミッション」を、ウズベキスタン、カザフスタン、キルギス、タジキスタン、トルクメニスタンの5か国に派遣する予定です。中央アジアの文化・社会事情を視察するとともに、有識者等との意見・情報交換を行う機会をつくり、今後日本-中央アジア関係をさらに深め発展させていくには、どのような交流事業を進めていくべきかを考察します。

お問い合わせ

主催者・本事業に関するお問い合わせ
国際交流基金 企画部 事業戦略課 (担当:金子、大内)
電話:03-5369-6058
Eメール:Miwa_Kaneko@jpf.go.jp、Momoko_Ouchi@jpf.go.jp

取材に関するお問い合わせ
国際交流基金 コミュニケーションセンター (担当:川久保、森)
電話:03-5369-6089 ファックス: 03-5369-6044
Eメール:press@jpf.go.jp
(メールを送る際は、全角@マークを半角@マークに変更してください。)

関係資料

事業ページ

ページトップへ戻る