日米次世代パブリック・インテレクチュアル・ネットワーク事業 6月訪日研修で第4期生が熊本を訪問

2017年6月6日

国際交流基金(ジャパンファウンデーション)は、米国における知日層育成取り組みの一環として、モーリーン・アンド・マイク・マンスフィールド財団との共同企画「日米次世代パブリック・インテレクチュアル・ネットワーク事業」を2009年に開始しました。(現在はマンスフィールド財団が主な運営を行い、日米センターが助成支援をしております。)
今般、第4期生を対象として6月に一週間の日程で訪日研修を行い、東京のほか熊本を訪問します。

お問い合わせ

主催者・本事業に関するお問い合わせ
国際交流基金 日米センター(担当:佐藤)
電話:03-5369-6070

取材に関するお問い合わせ
国際交流基金 コミュニケーションセンター(担当:熊倉、二村、常盤)
電話: 03-5369-6075 ファックス: 03-5369-6044
Eメール: press@jpf.go.jp

(メールを送る際は、全角@マークを半角@マークに変更してください。)

関係資料

事業ページ

ページトップへ戻る