日本語能力試験(JLPT
受験応募者数が初めて100万人を突破

2017年11月21日

国際交流基金(ジャパンファウンデーション)は、日本語を母語としない人の日本語能力を測定し、認定する最大規模の試験として1984年から「日本語能力試験(JLPT)」を実施しています。同試験は年に2回実施され、今年は12月3日(日曜日)に、海外76の国・地域、226都市、日本国内47都道府県を会場として、第2回目の試験が実施されます。
このたび、同試験の受験応募者の数がまとまり、7月実施の第1回との合計で、国内外で初めて年間の応募者数が100万人を 突破した(102万5,435人)ことをお知らせします。

お問い合わせ

主催者・本事業に関するお問い合わせ
国際交流基金 日本語試験センター(担当:安藤)
電話:03-5367-1021
Eメール: jlptinfo@jpf.go.jp

取材に関するお問い合わせ
国際交流基金 コミュニケーションセンター(担当:二村、熊倉)
電話:03-5369-6075 ファックス:03-5369-6044
Eメール:press@jpf.go.jp

(メールを送る際は、全角@マークを半角@マークに変更してください。)

関係資料

ページトップへ戻る